ページの先頭です

「統計で新発見!人口で見る名古屋の今と未来」(愛知サマーセミナー)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年7月29日

ページID:62327

令和4年7月16日(土曜日)、東邦大学及び東邦高等学校にて開催された「第33回愛知サマーセミナー」に参加しました。高校生を中心に計27名が受講してくださいました。

講座内容

「統計で新発見!人口で見る名古屋の今と未来」をテーマに名古屋市の人口の推移、少子化や高齢化、また転出入の実態などについて、統計データを用いながら講義を行いました。

講義中の写真

名古屋市の「人口」について皆さんどれくらい知っていますか?
「人口」というと、「少子化」、「高齢化」や「人口減少」といったイメージがありますが、実際はどうなっているのでしょうか?また、転出入を地域別にみると、どんなことが分かるでしょうか?
講義では、名古屋市の「人口」についてのクイズも行い、皆さん積極的に参加してくれました。

 

第33回愛知サマーセミナー講義資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

参加者の感想

  • 統計と聞くと何か難しいものと食わず嫌いしていたが、意外とおもしろいし、思ったほど難しくなくてよかった。(高校生)
  • 人口の減少が社会問題となっている今の世の中で、なぜ減少しているのか、どういった経緯でなってしまったのかを、クイズをはさみながら教えてくれていてわかりやすかった。(高校生)
  • 5年で95万人も人口が減っていることに驚いた。少子高齢化というのは今後もっと進行してしまう可能性があるので、しっかりと対策を考えていった方が良いと分かった。(高校生)
  • 人口問題は今後の社会の課題になるから政治家の人だけでなく、他の幅広い世代の人たちで考えていかないといけないと思った。(高校生)
  • 調査には積極的に参加していきたいと思った。(高校生)
  • 日本の少子化・高齢化が進んでいるとよく言われていますが、名古屋にスポットライトを当て、原因や改善点など、統計を用いて説明してもらったおかげで、分かりやすく名古屋の人口について学べました。(高校生)
  • 今回の講義を受けて自分の知らないこともたくさんあって、改めてこうした問題について考え直したり、興味を持つことができました。(高校生)
  • 他の地域からの転入が減ってしまい、人口が減少していってしまうと、若い私たちへの負担が大きくなるため、選挙に行ける年齢になったら私たち一人ひとりへの負担が減るような社会にするために選挙に行きたいと思います。(高校生)

愛知サマーセミナーとは

誰でも先生、誰でも生徒、どこでも学校。教えたいことを教え、学びたいことを学ぶ「夢の学校」をコンセプトに20年以上続いている地域市民と学校が結びついた市民参加型セミナーです。

今年は、7月16日(土曜日)、17日(日曜日)、18日(月曜日・祝日)に東邦大学及び東邦高等学校で開催されました。

開催期間中、全700講座が開講され、名古屋市からも7講座を開講しました。

愛知サマーセミナーの詳しい内容については、愛知サマーセミナー公式サイト(外部リンク)別ウィンドウで開くをご覧ください。

このページの作成担当

総務局企画部統計課解析活用係

電話番号

:052-972-2254

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2254@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ