ページの先頭です

緊急消防援助隊

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年8月17日

ページID:154903

緊急消防援助隊 車両

 緊急消防援助隊は平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、国内で発生した地震等の大規模災害時における人命救助活動等を効果的に実施できるよう、全国の消防機関相互による援助体制を構築するために平成7年6月に創設され、平成15年6月に消防組織法改正により、平成16年4月1日から法律上に明確に位置付けられた部隊となりました。

 全国各地から駆け付ける『緊急消防援助隊』(総務省消防庁のホームページ)(外部リンク)別ウィンドウで開く

名古屋市消防局の登録隊

 本市は令和4年4月1日現在で、指揮隊11隊、消火小隊、救助小隊、救急小隊、後方支援小隊、特殊災害小隊、特殊装備小隊、航空小隊3隊、航空後方支援小隊2隊、水上小隊の計95隊を登録しています。

御嶽山火山噴火災害

  • 救助隊員が捜索活動をする写真 その1
  • 救助隊員が山小屋を確認する写真
  • 救助隊員が捜索活動をする写真 その2
  • 噴火している背景で捜索する救助隊員の写真

静岡県土砂災害

 令和3年7月3日に、静岡県熱海市伊豆山地区の逢初川で発生した大規模土砂災害に緊急消防援助隊愛知県大隊の一員として特別消防隊が出動しました。愛知県大隊は7月10日から7月19日までの間に第1から第3次部隊が出動し、そのうち名古屋市消防局からは24隊115名の消防職員が災害派遣されました。

  • 土砂災害現場の写真
  • 土砂を除去する写真
  • 土砂災害現場で捜索活動をする写真
  • 救助資機材を搬送する隊員の写真
  • 土砂災害現場に水を送り土砂を除去する写真
  • 静岡県土砂災害の家屋内を確認する写真

過去の出動災害

 本市の出動実績は法制化以前に、

  • 平成8年の「蒲原沢土石流災害」(出動隊数:12隊/出動人数:117名)
  • 平成15年の「三重県ごみ固形燃料発電所火災」(出動隊数:15隊/出動人数:56名)に出動しています。
 

 法制化以降は、

  • 平成16年の「平成16年7月福井豪雨」(出動隊数:8隊/出動人数:36名)

 「平成16年台風第23号兵庫県豊岡市水害」(出動隊数:1隊/出動人数:4名)

  • 平成19年の「三重県中部を震源とする地震」(出動隊数:1隊/出動人数:4名)
  • 平成21年の「駿河湾を震源とする地震」(出動隊数:2隊/出動人数:10名)
  • 平成23年の「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)それに伴う、福島第一原子力発電所事故(使用済み核燃料プールへの放水活動)」(出動隊数:138隊/出動人数:581名)
  • 平成26年の「御嶽山火山噴火災害」(出動隊数:120隊/出動人数:462名)
  • 平成29年の「平成29年7月九州北部豪雨」(出動隊数:5隊/出動人数:78名)
  • 平成30年の「平成30年7月豪雨」(出動隊数:24隊/出動人数:132名)
  • 令和元年の「令和元年東日本台風」(出動隊数:1隊/出動人数:6名)
  • 令和3年の「令和3年7月伊豆山土砂災害」(出動隊数:24隊/出動人数:115名)
 へ出動し、計12回の出動実績があります。

このページの作成担当

消防局消防部消防課消防係

電話番号

:052-972-3557

ファックス番号

:052-951-8463

電子メールアドレス

00shobo@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ