ページの先頭です

昭和区ホーム・ファイヤー・モニターズ・クラブ連合会活動報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年10月1日

夏休み「親と子の災害体験教室」

 令和3年8月21、22日に昭和消防署6階講堂におきまして、区内14組の小学生を含む家族を対象に、昭和区ホーム・ファイヤー・モニターズ・クラブの会員を指導者として、「親と子の災害体験教室」を開催しました。

 この教室は、被災されたそれぞれの家族が、昭和消防署ビルへ避難したとの仮想からスタートします。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、今回は参加組数を減らすとともに、一家族の定員を3名までとするなど、感染防止対策にも十分に配慮した形で行われました。

 参加された家族へのアンケート結果から、講習内容には大変満足され、「出来ることと出来ないことを親子で確認しながら一緒に学べたことが良かった。」との感想をいただくなど、とても好評のうちに終了しました。

家族3名のスペース

家族3名のスペースの画像

シェイクアウト訓練

シェイクアウト訓練の様子の画像

家族で協力

家族で協力している様子の画像

段ボールベット体験

段ボールベットを体験している様子の写真

避難所完成

避難所が完成した様子の画像

このページの作成担当

消防局 昭和消防署 総務課
電話番号: 052-841-0119
ファックス番号: 052-842-0119
電子メールアドレス: 07shomu@fd.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ