ページの先頭です

【動画】「二酸化炭素消火設備の取扱方法と保守作業時の安全対策について」を作成しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月8日

令和2年12月に名古屋市中区内で、令和3年1月に東京都内で、駐車場に設置された二酸化炭素を消火剤とする不活性ガス消火設備(二酸化炭素消火設備)の消火剤が放出し、人命が失われる事故が発生しました。


名古屋市中消防署では、再発を防止するため、中区危険物安全協会と連携し、二酸化炭素消火設備の取扱方法と保守作業時の安全対策に関する動画「二酸化炭素消火設備の取扱方法と保守作業時の安全対策」を作成し「なごや動画館まるはっちゅーぶ」に掲載しました。


 二酸化炭素消火設備は火災に対して非常に有効な設備ですが、保守作業中に誤って消火剤を放出すると、二酸化炭素が持つ毒性により、人命にかかわる恐れがあります。

ぜひYouTube動画「二酸化炭素消火設備の取扱方法と保守作業時の安全対策」(外部リンク)別ウィンドウをご覧いただき、二酸化炭素消火設備の事故防止にご活用ください!!


また、「不活性ガス消火設備(二酸化炭素消火設備)の作動による事故を防止するために」のサイトも是非ご覧ください。

リーフレット(動画作成について)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

ページの先頭へ