ページの先頭です

ストーブの火災でご高齢の方が亡くなっています!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月8日


火災で亡くなられた方の約2割はストーブが原因の火災で亡くなられています。


電気ストーブを付けて就寝中に、洗濯物がストーブの上に落ちて火災となり、逃げ遅れて犠牲となった方もみえます。

先日は、就寝中に枕もとに置かれた電気ストーブの熱で、枕が燃え出す事案がありました。


火災の犠牲となった方の約7割は高齢者であり、特に就寝中の火災で亡くなる事例が多く報告されています。


高齢者を火災から守るため、「寝室」への住宅用火災警報器の設置など火災予防に協力ください。


高齢者の火災死を防ごう
火災発生情報(就寝中に枕が燃えました)

ストーブ火災防止リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

ページの先頭へ