ページの先頭です

自動火災報知設備の点検時には火災通報装置の連動停止を忘れずに!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年9月9日

消防用設備等点検事業者の皆様へのお願いです


先日、自動火災報知設備の点検時に火災通報装置の連動を解除せず、

感知器を作動させたことにより、指令センターに火災通報装置による119番通報が入り、

消防隊が出動する事案がありました。


自動火災報知設備の点検時には、火災通報装置の連動スイッチ「解除」を確実に行って下さい。

なお、今回の事案概要を添付ファイルにまとめましたので、参考として下さい。


事案概要はこちらから

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ