ページの先頭です

防火対象物(防災管理)点検報告は共同でまとめて報告することができます!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年10月18日

防火対象物(防災管理)点検報告は共同で報告することができます!

防火(防災)基準点検済証

防火対象物点検とは、一定規模以上のビルにおいて、その所有者、テナントなどの個々の管理権原者がそれぞれ所管する部分を防火対象物点検資格者に年1回点検させ、その結果を消防署長あてに報告するものです。
全管理権原者の点検結果がすべて良好であれば、そのビルには、「防火(防災)基準点検済証(防火(防災)セーフティマーク)」を表示することができます。
しかし、個々の管理権原者が各々で報告すると、全体把握が困難で、「防火(防災)基準点検済証」を表示するために、時間と労力が必要です。
そこで、その不便さを解消し、ビル全体の防火対象物の状況を正しく把握するとともに、ビル全体の防火安全性の向上を目的として、所有者が各テナントに係る防火対象物点検の結果を取りまとめ、共同報告が可能な制度が設けられています。

南海トラフ地震が危惧されている今だからこそ、「防火(防災)基準点検済証」を表示し、安心して利用できる建物の維持管理にご協力をお願いします!
共同報告のチラシです

共同報告・一括共同報告のリーフレットです。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

【参考】管理権原者管理表等への押印は一切不要です!


防火対象物点検資格者・防災管理点検資格者の皆様へお知らせです。


名古屋市では、防火対象物点検結果又は防災管理点検結果を、共同報告又は一括共同報告の方法で報告をいただく場合、報告書に「管理権原者管理表」の添付をお願いしております。


この度、押印廃止に伴い様式が一部改正され「管理権原者管理表」への防火管理者及び立合者の押印不要となりましたのでお知らせします。


改正後の「管理権原者管理表」はこちらからダウンロードできます。



防火対象物点検(共同報告・一括共同報告)の報告書作成例です。

防火対象物(防災管理)点検結果に不備があった場合は、改善計画(完了)報告書の提出をお願いします!

防火対象物点検結果報告・防災管理点検結果報告の概要


防火対象物(防災管理)点検結果報告の、「共同報告」及び「一括共同報告」の詳細につきましては、名古屋市内の消防署予防課にお問い合わせください。


このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

ページの先頭へ