ページの先頭です

天ぷら油に火が入っても水を注がないで!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月8日


調理中に台所を離れたため天ぷら油が過熱出火し、消火のため水を注いだため、

爆発的に火が飛び散る事案がこのところ発生しています。


市内でも4月と6月に発生し、7月下旬には中区内でも同様の事案が起きています。

消火のため水を注ぎ、火の付いた油が飛び散ったため、顔面に重い火傷を負われた女性もみえます。


天ぷら油に火が入ったら、水を注がず消火器やエアゾール式簡易消火用具で落ち着いて消火してください。



油火災に水を注がないで

火の入った天ぷら油に水を入れると・・


油が燃えている鍋に、水を入れると、水は油より重く混ざり合わない為、鍋の底に水がたまります。


鍋の底にたまった水は、高温の油と接している部分から一気に気体に変化し、油を弾き飛ばします。


弾き飛ばされた油は、火炎と共に爆発的に吹き出します。(水蒸気爆発)


天ぷら油火災を防止するには


〇調理中はその場を離れないようにしましょう。

消火器エアゾール式簡易消火具を準備しておきましょう。


火災予防リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

ページの先頭へ