ページの先頭です

事務事業の見直しの視点・方向性

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月5日

ページの概要:事務事業の見直しの視点・方向性

 地方公共団体は、行政運営にあたって、常に組織及び運営の合理化に努め、最少の経費で最大の効果をあげる責務があります。また、限られた行政資源を有効かつ効率的に活用するため、全体として市民サービスを確保しながら、事務事業の見直しに取り組んでいく必要があります。

 本市では、内部管理事務や事務事業等の見直しを検討する際の着眼点とそれに対応する見直しの方向性を示すものとして、毎年度「事務事業の見直しの視点・方向性」を策定し、行政評価や予算編成、その他様々な視点による事務事業の見直しを行うにあたっての指針として活用しております。

 令和2年10月策定の「事務事業の見直しの視点・方向性」は、下記の内容で構成されております。

  1. 内部管理事務等の見直し
  2. 事務事業の見直し
    (1)必要性・実施主体の検討
    (2)サービス提供手法等の検討
    (3)サービスの水準と受益者負担の検討
    (4)事業の持続可能性の検討
  3. 公の施設等の見直し
  4. 外郭団体に関する見直し
  5. 歳入の確保
  6. 公営企業等の経営努力

詳細を掲載しておりますので、ご覧下さい。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

総務局行政部行政改革推進室行政改革推進係

電話番号

:052-972-2181

ファックス番号

:052-972-4109

電子メールアドレス

a2180@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ