ページの先頭です

「みどり・シティ・フェスティバル2014-つなげよう 緑広がる いい笑顔-」が開催されました。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年11月21日

「みどり・シティ・フェスティバル2014-つなげよう 緑広がる いい笑顔-」

10月25日(土曜日)午前10時より、県営大高緑地にて緑区区民まつり「みどり・シティ・フェスティバル2014-つなげよう 緑広がる いい笑顔-」が開催されました。

 当日は、好天に恵まれ絶好のおまつり日和となり多くのお客様が「みどり・シティ・フェスティバル2014」を満喫されました。

当日の会場全体の様子
当日のブースの様子
区民まつり当日の様子を一部ご紹介します。

メインステージ

オープニングセレモニー

田宮副市長をはじめ18人を来賓として迎え、セレモニーを行いました。
オープニングセレモニーの様子

緑区合同バンド演奏

緑区内8校の小学生・中学生と名古屋緑吹奏楽団が中心となり、およそ330人が集まり大演奏会を行いました。緑区制50周年を記念して制作された「みどりっちのうた」吹奏楽バージョンを初披露したほか、合計3曲を大迫力の演奏で来場者にお届けしました。
合同バンド演奏の様子

クラウンミニサーカスのパフォーマンスショー

3人のクラウン(道化師)が繰り出す、息をつかせぬパフォーマンスショー。観客もステージに上がり、パフォーマンスをお手伝いしました。
クラウンミニサーカスのパフォーマンスショーの様子

「鳴海商工会 猩々」の舞&緑区どまつり総踊り

今年8月に行われた「にっぽんど真ん中祭り(通称「どまつり」)」で優秀賞を獲得した「鳴海商工会 猩々」チームの演舞のほか、総踊りでは緑区のどまつりチームが集まり、会場を華やかに彩りました。

「鳴海商工会 猩々」の舞&緑区どまつり総踊りの様子

「みどりっちのうた」による総踊り

緑区内のどまつりチームが会場内をパレードし、メインステージに到着するとステージの熱気が一段と高まりました。ステージ前で行った「みどりっちのうた」総踊りでは「ダンシング・みどりっち」も登場し、会場が一つになりました。

ダンシングみどりっちの様子
「みどりっちのうた」による総踊りの様子

届け!私たちの思い!!みどりっちバルーンリリース!

緑区の未来への思いなどをメッセージカードに込め、約500人が一斉に色とりどりの風船を飛ばしました。空高く飛んだ風船は、200km以上も離れた東京都調布市や神奈川県相模原市まで到達し、風船とメッセージカードを拾った方から連絡をいただきました。

バルーンリリース前の様子
バルーンリリース直後の様子
バルーンが空へ飛び立つ様子

会場

緑区制50周年継承コーナー「飛翔」

昨年迎えた緑区制50周年をクイズやパネルで振り返りました。
緑区制50周年継承コーナーの様子

みどサポ&みどりっちの森コーナー

緑区やみどりっちの応援団「みどサポ」の皆さんが企画から運営まで手がけました。今年の目玉企画は、みどりっちのイラストつきオリジナル凧の製作で、多くの子供が目を輝かせながら、凧づくりに没頭しました。

「みどサポ」についてはこちらのページをご覧ください。

みどサポブースの様子

エコライフコーナー

「環境」をキーワードにさまざまな展示・体験コーナーが行われました。環境事業所のコーナーでは、毎年大人気のオリジナル手形工作コーナーに加え、11月に開催される「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」を受けて太陽光クイズを行いました。
エコライフコーナーの様子

わくわくステージ・みどり

区民の皆様が歌や踊りなど、日ごろの練習の成果を披露しました。
ワクワクステージ・みどりでダンスを踊っている様子
わくわくステージ・みどりで合唱をしている様子

緑区どまつり大集合!

緑区内のどまつりチームが、それぞれ演舞を披露しました。
どまつりチーム「チームみどりっち」演舞の様子
どまつりチームの演舞の様子

ジャンボフリーマーケット

およそ70区画が出店したフリーマーケットでは、掘り出し物やお値打ち品を手に入れようと、多くの人で賑わいました。
ジャンボフリーマーケットの様子

このページの作成担当

緑区役所区政部地域力推進室地域の魅力の向上・発信担当

電話番号

:052-625-3878

ファックス番号

:052-623-8191

電子メールアドレス

a6253872@midori.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ