ページの先頭です

ここから本文です

統合校の改修及び改築事業のPPP/PFI手法導入優先的検討の結果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年5月17日

ページID:174171

対象事業名

統合校の改築(千種区)

対象事業の概要

小規模化が継続する内山小学校と大和小学校を統合し、大和小学校の場所に統合校の新校舎を建設するもの。

検討結果

以下の理由から、PPP/PFI手法は導入しないこととしました。

   小規模校の課題解消を図るため、統合校の改修等、喫緊の取り組みが必要です。PPP/PFI手法の導入を検討するにあたり、学校施設は、運営面において施設の維持管理のみが対象となり、教育活動自体は対象外となることから、民活の導入効果を調査したところ、コスト削減が見込みづらい結果であったため、PPP/PFI手法は導入しないこととしました。

このページの作成担当

教育委員会事務局総務部教育環境整備課子どもいきいき学校づくり担当

電話番号

:052-972-3282 / 052-972-4091 / 052-972-4092

ファックス番号

:052-972-4176

電子メールアドレス

a3282@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ