ページの先頭です

日本語指導が必要な児童生徒への支援

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年7月20日

1 日本語教育相談センター

日本語指導が必要な児童生徒の学校への受け入れ、学校生活への適応及び学習の補助に関する相談窓口として下記の活動を行っています。

  • 児童生徒の就学に関する相談業務(電話相談・来所相談)
    ※必要に応じて初期日本語集中教室や日本語通級指導教室等をご案内します。
  • 学校への翻訳及び通訳派遣
  • 日本語学習の指導例や、日本語学習教材等の学校への提供
  • 場所:教育館(名古屋市東区泉一丁目1番4号)
  • 電話番号:052-961-0418

日本語教育相談センターのご案内

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

2 初期日本語集中教室

日本語を全く理解できない児童生徒に対して、初歩的な日本語や、基本的な日本の学校生活習慣についての学習を行います。

  • 詳しい内容や申し込み等については、お子さんが現在通学している学校や日本語教育相談センターにお問い合わせください。

初期日本語集中教室のご案内

3 日本語通級指導教室

日常会話をすることはできるが、授業で使う言葉が分からない児童生徒に対して、学習言語の指導を行います。

  • 詳しい内容や申し込み等については、お子さんが現在通学している学校や日本語教育相談センターにお問い合わせください。

4 母語学習協力員

日本語指導を必要とする児童生徒が多く在籍する学校に、児童生徒・保護者の母語を使ってコミュニケーションを行うことができる母語学習協力員を配置することにより、生活・学習面でサポートし、学校への早期適応を図ります。

  • 通常の授業の中で母語による学習支援や、別室に取り出しての日本語の個別指導を行います。
  • 日本語ができない保護者のために通訳や翻訳等を行います。
  • 希望する学校に対して巡回指導を行います。

5 日本語指導講師

日本語指導を必要とする児童生徒が多く在籍する学校へ、非常勤講師を配置し、日本語指導及び学習の補充を行います。

児童生徒が理解できない日本語表現等の支援をしたり、別室に取り出しての日本語の個別指導を行います。

このページの作成担当

教育委員会事務局 指導部 指導室
電話番号: 052-972-3232
ファックス番号: 052-972-4177
電子メールアドレス: a3236@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ