ページの先頭です

性感染症の発生状況

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2023年1月18日

ページID:13171

 性感染症の発生は月報として市内15の指定届出医療機関(性感染症定点)から報告されています。その診療科の内訳は、泌尿器科系が8か所、産婦人科系7か所です。

 (情報は感染症発生動向調査の2022年12月報)

性感染症の疾患別、性別定点当たり報告数

疾患別、性別の定点当たり報告数
疾患別男性女性
性器クラミジア感染症

5.67

1.60

性器ヘルペスウイルス感染

1.53

1.00
尖圭コンジローマ

1.27

0.27

淋菌感染症

3.13

0.13

12月の性感染症患者報告数は、男性174人、女性45人でした。

性器クラミジア感染症報告数(性別、年齢階級別、月別推移)

性器クラミジア感染症の性、年齢階級別報告数
性/年齢階級0-1415-1920-2425-2930-3435-3940-4445-4950-5455歳-
男性0325

23

6

13355

2

女性039821100

0

12月の性器クラミジア感染症の定点あたり患者報告数は男性5.67、女性1.60でした。
2022年12月の性器クラミジア感染症の定点あたり患者報告数は7.27でした。

性器ヘルペスウイルス感染症報告数(性別、年齢階級別、月別推移)

性器ヘルペスウイルス感染症の性、年齢階級別報告数
性/年齢階級0-1415-1920-2425-2930-3435-3940-4445-4950-5455歳-
男性01

2

5

213324
女性0022311303
12月の性器ヘルペスウイルス感染症の定点当たり患者報告数は男性1.53、女性1.00でした。
2022年12月の性器ヘルペスウイルス感染症の定点当たりの患者報告数は2.53でした。

尖圭コンジローマ報告数(性別、年齢階級別、月別推移)

尖圭コンジローマの性、年齢階級別報告数
性/年齢階級0-1415-1920-2425-2930-3435-3940-4445-4950-5455歳-
男性003231114

4

女性00

2

1010000
12月の尖圭コンジローマの定点当たり患者報告数は男性1.27、女性0.27でした。
2022年12月の尖圭コンジローマの定点当たりの患者報告数は1.53でした。

淋菌感染症報告数(性別、年齢階級別、月別推移)

淋菌感染症の性、年齢階級別報告数
性/年齢階級0-1415-1920-2425-2930-3435-3940-4445-4950-5455歳-
男性001217541134
女性01001000

0

0
淋菌感染症は男性の報告が多い疾患で12月の定点当たり患者報告数は男性が3.13、女性が0.13でした。
2022年12月の淋菌感染症の定点当たりの患者報告数は3.27でした。

このページの作成担当

健康福祉局衛生研究所疫学情報部

電話番号

:052-737-3711

ファックス番号

:052-736-1102

電子メールアドレス

a7373711-02@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ