ページの先頭です

一類から五類感染症(全数把握)及び新型インフルエンザ等感染症(新型コロナウイルス感染症)の届出票ダウンロード

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年2月18日

ページの概要:「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の第12条第1項に基づき、医師が該当患者を診断したときに用いる届出様式です。(名古屋市内用)

一類から五類感染症(全数把握)及び新型インフルエンザ等感染症(新型コロナウイルス感染症)の届出票

一類から五類感染症(全数把握)及び新型インフルエンザ等感染症(新型コロナウイルス感染症)の届出票

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

一類感染症の届出票

二類感染症の届出票

三類感染症の届出票

四類感染症の届出票

添付ファイル

五類感染症(全数把握)の届出票

添付ファイル

新型インフルエンザ等感染症

新型インフルエンザ、再興型インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症、再興型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症

添付ファイル

  • 新型コロナウイルス感染症 (PDF形式, 121.06KB)

    新型コロナウイルス感染症(病原体がベータコロナウイルス属のコロナウイルス(令和2年1月に、中華人民共和国から世界保健機関に対して、人に伝染する能力を有することが新たに報告されたものに限る。)であるものに限る。)

 令和2年5月29日に感染症発生動向調査事業実施要綱が改正され、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS(ハーシス))の運用が開始されています。届出の詳細については、名古屋市健康福祉局新型コロナウイルス感染症対策室(電話番号:052-972-4389)までお問い合せください。

 また、令和2年10月14日から新型コロナウイルス感染症の届出基準等が改正され、疑似症患者については当該者が入院を要しないと認められる場合は、届出が不要となりました。

 令和3年2月13日、感染症法等の改正により、「新型インフルエンザ等感染症」に「新型コロナウイルス感染症」及び「再興型コロナウイルス感染症」が追加されました。これに伴い、これまで「指定感染症」に定められていた新型コロナウイルス感染症の法的位置付けが、「新型インフルエンザ等感染症」に変更されました。

指定感染症

該当なし

このページの作成担当

健康福祉局衛生研究所疫学情報部

電話番号

:052-737-3711

ファックス番号

:052-736-1102

電子メールアドレス

a7373711-02@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ