ページの先頭です

不育症検査費用助成事業のご案内

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年9月15日

ページの概要:保険適用外の不育症検査のうち先進医療として実施されるものについて、その費用の一部を助成します。

対象者

名古屋市にお住まいで、2回以上の流産・死産の既往がある方

助成対象となる検査

先進医療として厚生労働省が告示した検査(流産検体を用いた染色体検査)

ただし、先進医療の実施機関として承認されている保健医療機関で行った検査であり、かつ保険適用されている不育症に関する治療・検査を保険診療として実施している医療機関で当該検査を実施した場合に限ります。

愛知県内の先進医療実施承認医療機関

  • 名古屋市立大学病院(令和3年5月1日承認)
  • 名古屋市立大学医学部附属西部医療センター(令和3年6月1日承認)
  • 医療法人成田育成会 成田産婦人科(令和3年8月1日承認)
  • ARTクリニック みらい(令和3年8月1日承認)
  • 浅田レディース名古屋駅前クリニック(令和3年8月1日承認)
  • 浅田レディース勝川クリニック(令和3年8月1日承認)


県外の承認医療機関については、厚生労働省のホームページよりご確認ください。

(先進医療AのNo.25「流産検体を用いた染色体検査」が対象です。)

 https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html(外部リンク)別ウィンドウ


(注1)令和3年4月1日以降に実施した検査に限ります。

(注2)該当の医療機関が先進医療の実施機関として承認された日以降に実施した検査に限ります。

助成費用

1回の検査につき、5万円を上限として検査にかかる費用を助成します。

(注)検査に係る自己負担額が5万円未満の場合は自己負担額を助成します。

申請方法

1 必要書類

  1. 名古屋市不育症検査費助成金交付申請書(第1号様式)
  2. 名古屋市不育症検査費用助成事業受検証明書(第2号様式)
  3. 名古屋市不育症検査結果個票(第3号様式)
  4. 名古屋市不育症検査費用助成事業請求書
  5. 検査に要した費用の額が確認できる書類(領収書及び診療明細書等)
  6. 申請者の住民票の写し(発行から3か月以内のもの)※マイナンバーの記載のないもの
  7. 振込口座を確認できる書類(通帳の写し等)

 (注)申請の受付は令和3年7月15日からです。

2 申請方法

上記書類を、下記まで送付してください。
(申請先)

〒460-8508
名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
名古屋市子ども青少年局子育て支援部子育て支援課母子保健係

不育症助成事業担当行

申請期限

検査終了日の属する年度内(3月31日)まで(当日消印有効)に下記申請先まで郵送にて申請してください。

ただし、2月以降に検査が終了した場合は、検査終了日から2ヶ月以内 まで申請できます。

このページの作成担当

子ども青少年局子育て支援部子育て支援課母子保健係

電話番号

:052-972-2629

ファックス番号

:052-972-4419

電子メールアドレス

a2629@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ