ページの先頭です

ここから本文です

令和5年度 電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金(2回目)について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年3月1日

ページID:156633

令和5年度(2回目)非課税世帯向け緊急支援給付金 令和6年2月29日に受付終了しました

概要

国の決定を受け、物価高騰による影響が特に大きい住民税非課税世帯に対し、1世帯当たり7万円(支給は1回のみ)を支給しました。

当該給付金については、令和5年12月11日から受付開始し、市ホームページ、広報なごや1月号・2月号、新聞、チラシ等で制度周知を図ったところです。7万円給付金の制度自体が令和6年2月29日(木曜日)をもって終了しましたので、申請されていない世帯への追加支給はできないところです。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お知らせ

国の新たなメニューである、「1.令和5年度住民税均等割のみ課税世帯向け給付金」、「2.令和5年度住民税非課税世帯向けこども加算(18歳以下の児童対象)」については現在準備中のため、コールセンターでは回答できないところです。令和6年3月中旬に市のホームページにてお知らせしますので、しばしお待ちください。

参考情報

支給対象世帯

令和5年12月1日(基準日)において名古屋市に住民登録があり、世帯員全員が令和5年度住民税(均等割)非課税である世帯

(注)ただし、以下の世帯は対象外

  1. 既に他市町村で7万円の給付を受けている世帯
  2. 租税条約により住民税が免除されている方がいる世帯
  3. 令和5年度住民税課税者に税法上扶養されている住民税非課税世帯
  • 子(課税)に扶養されている両親世帯(非課税) 
  • 親(課税)に扶養されている大学生の単身世帯(非課税)   など
住民税課税者から扶養されている場合は対象外

振込印字

「ナゴヤシキンキユウシエンキン」の名義で振り込んでおります。金融機関によっては通帳に印字可能な文字数に制限があり、名義の途中で印字が切れてしまっている場合もございます。

名古屋市緊急支援給付金コールセンター

この給付金については、令和6年2月29日(木曜日)をもって受付終了しておりますが、もしご不明な点がありましたらコールセンターにお問い合わせください。電話のかけ間違いが多発していますので、電話番号を十分確認してください。

名古屋市緊急支援給付金コールセンター 電話050-3135-3260 ファックス052-228-2774 受付時間 平日のみ午前9時から午後5時 12月29日から令和6年1月3日

特殊詐欺などに注意してください

自宅に給付金をかたった不審な電話や郵便物があった場合は、最寄りの警察署に連絡してください。

このページの作成担当

名古屋市緊急支援給付金コールセンター
電話番号:050-3135-3260
平日 午前9時から午後5時まで 12月29日から令和6年1月3日を除く

ページの先頭へ