ページの先頭です

過去5年間の食中毒発生状況(平成28年から令和2年まで)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年2月5日

ページの概要:平成28年から令和2年までの過去5年間に名古屋市内で発生した食中毒の状況等についてまとめました。

月別食中毒発生状況

月別発生状況
月 123456789101112総数
件数(件)108541077108105892
患者数(名)16980382380801919643896251930
平成28年から令和2年までの過去5年間の月別食中毒発生状況の画像

平成28年から令和2年までの過去5年間において、名古屋市内で発生した食中毒は発生件数92件、患者数930名でした。
過去5年間の食中毒発生状況を月別にみたところ、食中毒は年間を通じて発生していました。

病因物質別食中毒発生状況

病因物質別発生件数
病因物質件数割合
カンピロバクター31件33.7%
アニサキス22件23.9%
ノロウイルス20件21.7%
黄色ブドウ球菌3件3.3%
植物性自然毒3件3.3%
ウェルシュ菌2件2.2%
腸管出血性大腸菌2件2.2%
動物性自然毒2件2.2%
サルモネラ属菌1件1.1%
クドア1件1.1%
サポウイルス1件1.1%
サルコシスティス・フェアリー1件1.1%
旋尾線虫1件1.1%
ヒスタミン1件1.1%
不明1件1.1%
92件100.0%
平成28年から令和2年までの過去5年間の病因物質別食中毒発生件数の画像

平成28年から令和2年までの過去5年間において、カンピロバクターによる食中毒が31件、アニサキスによる食中毒が22件、ノロウイルスによる食中毒が20件と多く発生しました。

病因物質別患者数
病因物質患者数割合
ノロウイルス409名44.0%
カンピロバクター182名19.6%
サルモネラ属菌66名7.1%
ウェルシュ菌65名7.0%
黄色ブドウ球菌57名6.1%
腸管出血性大腸菌38名4.1%
クドア25名2.7%
アニサキス22名2.4%
サポウイルス15名1.6%
植物性自然毒12名1.3%
動物性自然毒9名1.0%
サルコシスティス・フェアリー8名0.9%
ヒスタミン2名0.2%
旋尾線虫1名0.1%
不明19名2.0%
930名100.0%
平成28年から令和2年までの過去5年間の病因物質別食中毒患者数の画像

平成28年から令和2年までの過去5年間において、ノロウイルスによる食中毒の患者数が409名と、およそ半数を占めていました。

原因施設別食中毒発生状況

原因施設別発生件数
原因施設発生件数割合
飲食店79件85.9%
家庭4件4.3%
販売店4件4.3%
仕出し弁当屋2件2.2%
その他3件3.3%
総数92件100%
平成28年から令和2年までの過去5年間の原因施設別食中毒発生件数の画像

平成28年から令和2年までの過去5年間において、飲食店での食中毒が79件(約85%)を占めています。

原因施設別患者数
原因施設患者数割合
飲食店832名89.5%
仕出し弁当屋62名6.7%
家庭10名1.1%
販売店10名1.1%
その他16名1.7%
総数930名100%
平成28年から令和2年までの過去5年間の原因施設別食中毒患者数の画像

平成28年から令和2年までの過去5年間において、飲食店での食中毒による患者が832名(約90%)を占めています。

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課食品衛生係

電話番号

:052-972-2646

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2646@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ