ページの先頭です

愛称募集結果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2010年4月2日

ページID:11576

平成17年2月8日開館予定の旧川上貞奴邸について、一般募集していました愛称が下記のとおり決定しました。

募集期間

平成16年10月26日(火)〜11月26日(金)

応募総数

241件

選考方法

名古屋市旧川上貞奴邸愛称選考委員会(学識経験者、地元有識者、市の職員等)において、審議、選考。

愛称

「文化のみち二葉館」

選考理由

 「文化のみち二葉館」には、旧川上貞奴邸がかつて東二葉町にあり、二葉御殿という名で親しまれていたこと、また、新しい芽のふたばのように、文化のみちが成長していくという期待感が込められていることから、旧川上貞奴邸の愛称にふさわしいものとして選考された。

受賞者

最優秀賞

佐藤 一男 様(名古屋市在住)

優秀賞

松原 須美子 様(名古屋市在住)
清 康代 様(名古屋市在住)
青木 ますみ 様(稲沢市在住)

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ