ページの先頭です

ここから本文です

建築物環境配慮制度(CASBEE名古屋)の概要

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年1月29日

ページID:9071

ページの概要:建築物環境計画書の届出と、環境配慮の措置の概要公表などについての説明です。

お知らせ(更新情報)

令和6年1月29日、令和6年4月1日からの受付時間変更について掲載しました。

受付時間の変更のお知らせ

CASBEE名古屋に関するすべての手続きについて、令和6年4月1日から受付時間を変更します

変更後の受付時間 午前9時から12時(正午)、午後1時から5時まで

受付時間の変更のお知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

制度の概要

 名古屋市では、市民の健康と安全を確保する環境の保全に関する条例(環境保全条例)により、建築主に対し建築物環境配慮指針に基づき、地球温暖化の防止その他の環境への負荷のための措置を講ずるよう努めることを定めています。

 具体的には、環境配慮の措置を記載した建築物環境計画書の届出制度を定め、床面積 2,000平方メートルを超える建築物の新築・増築をする建築主に対し、届出を義務付けています。

 また、2,000平方メートル以下の建築物の建築主は、任意に届出をすることができます。

 届出された物件の環境配慮の措置の概要については、このホームページと窓口で公表しています。

 建築物環境計画書では、建築物の室内環境などの環境品質と、エネルギー、資源、CO2などの環境負荷について自己評価を行い、結果をS、A、B+、B-、Cの5つのランクに格付けします。

 評価ツールとしては、建築環境総合評価システム(CASBEE、キャスビー)の建築(新築)をベースに名古屋市の届出用に開発されたCASBEE名古屋を使用します。

届出制度の概要
建物規模(注1)用途届出区分制度根拠評価ツール開始時期
2,000平方メートルを超えるもの全て義務条例CASBEE名古屋平成16年4月1日
2,000平方メートル以下のもの戸建住宅・長屋を除く全て任意要綱CASBEE名古屋

平成21年10月1日

2,000平方メートル以下のもの戸建住宅・長屋任意要綱CASBEEあいち[戸建]

平成21年10月1日

(注1)増築の場合は、増築に係る部分の床面積の合計とします。

既届出物件の環境配慮の措置の概要の公表

既届出物件の環境配慮の措置の概要を公表しています。以下のリンクをクリックしてください。公表期間は届出の翌年度から5年間となります。

環境配慮の措置の概要

Sランク(素晴らしい)評価建築物の紹介

建築物環境配慮制度(CASBEE名古屋)に基づく届出に関する書類ダウンロード

建築物環境配慮制度に基づく届出に関する書類、評価ツール、マニュアル等をダウンロードする場合は、以下のリンクをクリックしてください。

建築物環境配慮制度(CASBEE名古屋)関連の書類ダウンロード

評価ツールCASBEE名古屋のダウンロード

評価ツールCASBEE名古屋をダウンロードする場合は、以下のリンクをクリックしてください。

評価ツールCASBEE名古屋のダウンロード

金融機関の金利優遇について

CASBEE名古屋、CASBEEあいち[戸建]の評価に応じて住宅ローンなどの金利優遇が受けられる場合があります。金融機関ごとに取り扱いが異なりますので、詳しくは直接ご相談ください。

金融機関一覧(50音順)
金融機関名問合先部署電話番号
いちい信用金庫業務部0586-75-6211
蒲郡信用金庫業務推進部0533-69-6302
(JA)天白信用農業協同組合金融共済部 貸付課052-801-1233
(JA)なごや農業協同組合金融部 融資課052-932-3413
(JA)緑信用農業協同組合本店ローンセンター0120-74-3225
知多信用金庫個人融資部0569-26-1011
中日信用金庫業務統括部052-913-7005

このページの作成担当

住宅都市局建築指導部建築指導課建築物環境指導係

電話番号

:052-972-2924

ファックス番号

:052-972-4159

電子メールアドレス

a2924@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ