ページの先頭です

王羲之車

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年3月31日
王羲之車

 王羲之車(おうぎししゃ)は、もともと寛保年間(1741から1744まで)に他所で造られ、文化2年(1805)に東之切が購入し、長く曳かれていましたが、おしくも昭和20年の戦災で多くの記録とともに焼失してしまいました。どっしりとした重厚な山車であったといわれていますが、その後、町の人々の熱意により、昭和26年から5年がかりで再建され、現在の山車が完成しました。

王羲之車の寸法 (単位/cm)
高さ(最上段)巾(車体)巾(輪掛)長さ(車体)長さ(楫棒)
643192286330643

 水引幕は、麒麟、鳳凰、亀、龍、虎の刺繍をあしらったもので、地元の篤志家が1年がかりで製作したものです。文献等を調べ、3年の構想期間を要したそうです。
 人形は、屋台に唐冠りの大将と親木偶(でく)・子木偶と呼ばれる唐子人形が各1体、前棚に麾振(ざいふ)り1体が載ります。大将は名前を王羲之といい、山車名の由来ともいわれます。
 からくりは、獅子頭をつけた子木偶が、軍配団扇を持った親木偶の右肩に左の手をかけ、グイッと逆立ちしをして獅子を舞います。この逆立ちは、きわめて高度な技術を要し、人形方の腕の見せ所です。からくりに奏される人形囃子は古出来町独特のものであり、他にあまり例を見ないものです。

昭和49年市無形民俗文化財指定

維持管理/古出来町奉賛会

水引幕の画像

水引幕

大将人形(王羲之)の画像

大将人形(王羲之)

親人形(親木偶)の画像

親人形(親木偶)

子人形(子木偶)の画像

子人形(子木偶)

麾振り人形の画像

麾振り人形

からくり風景の画像

からくり風景

このページの作成担当

東区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-934-1123
ファックス番号: 052-935-5866
電子メールアドレス: a9341123@higashi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ