ページの先頭です

AR・VR技術を活用した、熱田区の歴史体感事業「熱田歴史探訪」が 11月1日から始まります!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年10月5日

スマートフォンを持って、熱田区にある史跡や神社などを巡ろう!戦災で失われた旧国宝をAR(拡張現実)で再現し、VR(仮想空間)を駆使して江戸時代の熱田にタイムトラベル!デジタルスタンプラリーですべてのスタンプを集めると、抽選で豪華賞品をプレゼント!ぜひご参加ください。


開催期間

令和4年11月1日(火曜日)から

事業の概要

令和5年1月に予定されている熱田神宮伝馬町駅、熱田神宮西駅への地下鉄駅名変更を契機として、AR・VR技術を活用した「歴史体感事業」を通じて、熱田神宮を中心とした熱田の歴史文化の魅力を発信します。

事業の詳細

「なごや歴史探検」アプリを利用して、次のコンテンツを楽しもう!

令和4年11月1日から、次のコンテンツを利用できます。アプリのダウンロードについては、後日公開します。

戦災で失われた旧国宝がAR技術で復活!

戦災で失われた熱田神宮の正門であった海上門(かいじょうもん)をAR技術で再現。旧国宝の姿をスマートフォンでご覧いただけます。海上門と一緒に写真が撮れます!


ARで再現された海上門の画像です。

AR技術で再現した海上門

東海道随一のにぎわいを体感!360度VR

東海道のなかで最もにぎわっていたといわれる宿場町の「宮宿」。東海道道標周辺の街並みをVRで再現。江戸時代の宮宿へタイムトラベルしましょう!

360度VRで再現された東海道道標地点の画像です。

東海道道標地点からみた宮宿の様子

デジタルスタンプラリーの実施

令和5年1月に地下鉄の駅名が変更となる「伝馬町駅」を中心とした熱田神宮南側エリアの7つの史跡などをめぐるデジタルスタンプラリーを実施します!

チェックポイントに関する解説動画とストーリー仕立ての動画を制作し、2つの楽しみ方ができるコースをご用意しています。


歴史体感事業のレポート

レポートでは、コンテンツの内容やコンテンツの制作に携わっている方の取り組む様子を紹介していきます。

コンテンツの内容は、熱田区内にある大学、名古屋学院大学の学生さんとともに制作を進めています。


レポート掲載

「熱田歴史探訪」レポート

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

熱田区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-683-9421

ファックス番号

:052-683-9494

電子メールアドレス

a6839420@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

熱田区からのお知らせに戻る

AR・VR技術を活用した、熱田区の歴史体感事業「熱田歴史探訪」が 11月1日から始まります!の別ルート

ページの先頭へ