ページの先頭です

平成29年度 天白・自然とふれあい隊! 参加者募集中!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年5月17日

ページの概要:平成29年度「天白・自然とふれあい隊!」の参加者を募集しています!

平成29年度「天白・自然とふれあい隊!」参加者募集中!

 天白区は、名古屋市内の中でも自然が多く残っている地域です。区内のさまざまなフィールドで、自然体験活動をしてみませんか?天白・もりのフォーラムのメンバーが皆さんの自然体験をお手伝いします。普段なかなかできない体験ができますよ!身近にある自然の魅力を発見してみましょう。

申し込み方法

行事名・住所・参加者全員の氏名と生年月日・電話番号を記入のうえ、ファックス、はがき、またはメールで、下記へお申込みください。定員を超えた場合は抽選をします。(小学4年生以下は保護者同伴)

※ただし、第5回「川の生き物を観察しよう」は事前申し込み不要です。

申し込み・問い合わせ先

天白区役所地域力推進室(〒468-8510天白区島田二丁目201)

電話番号:052-807-3824 ファックス番号:052-801-0826

電子メールアドレス:a8073821@tempaku.city.nagoya.lg.jp

天白・もりのフォーラムの紹介

「天白・自然とふれあい隊!」は、天白区内の自然をフィールドとして活動している8の市民グループと関係行政機関の連携組織「天白・もりのフォーラム」が主催しています。

「天白・もりのフォーラム」については、以下のページをご覧ください。

天白・もりのフォーラムをご存知ですか?

年間開催スケジュール(全8回)

第1回 そっと観察しようー森の妖精ヒメボタルー

大都会に残された里山「相生山緑地」で、準絶滅危惧種である陸生「ヒメボタル」を観察します。森に一歩入れば、ヒメボタルが観察できる大変恵まれた条件のなかでの観察会です。暗闇でヒメボタルの神秘的なきらめきを体験しましょう。

日時:5月19日(金曜日) 予備日20日(土曜日) 午後8時から9時

場所:相生山緑地オアシスの森

定員:20人

費用:1人350円(保険料・冊子代)

応募締切:5月11日(木曜日)

実施団体:相生山緑地自然観察会

ヒメボタルのオス

第2回 東山の森で森呼吸(しんこきゅう)!

緑豊かな森の中を歩き、樹木が放つフィトンチッドを体いっぱい吸い込みながら、都市の緑の大切さについて学びましょう。

日時:6月4日(日曜日)午前9時30分から正午

場所:東山公園周辺

定員:20人

費用:1人100円(保険料・資料代)

応募締切:5月26日(金曜日)

実施団体:東山自然観察会

東山の森

第3回 竹で遊ぼう、竹で食べよう

天白公園の林の中の竹を使って、流しそうめんの装置や器を作りましょう!

日時:7月17日(祝日・月曜日)午前10時から午後1時

場所:てんぱくプレーパーク(天白公園内)

定員:30人

費用:1人 大人500円、子ども100円

応募締切:7月3日(月曜日)

実施団体:天白公園整備クラブ、てんぱくプレーパークの会

竹を切る様子

第4回 天白の湿地に咲く白い花 サギソウを観察しよう

普段は立ち入ることができない島田湿地自然生態園で、サギソウなどを観察します。

日時:7月30日(日曜日)午前9時30分から正午

場所:島田湿地自然生態園

定員:20人

費用:無料

応募締切:7月14日(金曜日)

実施団体:白玉星草と八丁トンボを守る島田湿地の会

白い花サギソウ

第5回 川の生き物を観察をしよう

天白川の浅瀬に入って、魚などの生き物を観察したり、ゴムボートで川の流れ体験を楽しみます。申し込みは不要です。当日、集合場所にお越しください。

日時:8月6日(日曜日)午前10時から正午(午前9時30分から受付、少雨決行)

場所:天白川「天白小橋」下流左岸(地下鉄植田駅から南へ徒歩約10分、駐車場なし)

費用:1人100円(保険料)

服装:ぬれてもよい服装、帽子、川に入るための運動靴(サンダル・長靴は不適当)

持物:飲み物、タモ、魚を観察する場合は魚を入れる容器

実施団体:天白・川辺の楽校

天白川で生き物観察をしている様子

第6回 「里山の水田で稲刈り体験」をしてみませんか

荒池緑地に復元された田んぼのある風景の中で、機械に頼らず、稲刈りを鎌を使って手刈りで行います。

日時:10月7日(土曜日)午前10時から午後3時

場所:荒池緑地周辺

定員:30人

費用:無料

応募締切:9月25日(月曜日)

実施団体:荒池ふるさとクラブ

鎌を使って稲刈りをしている様子

第7回 旅をするチョウーアサギマダラのマーキングをしようー

アサギマダラは、春は南から北へ、秋は北から南へと渡りをします。相生山緑地は、渡りの重要な中継地です。全国規模で行われるマーキング調査の一端を名古屋で担う観察会です。

日時:10月14日(土曜日)午前9時30分から11時30分 ※予備日10月15日(日曜日)

場所:相生山緑地オアシスの森

定員:15人

費用:1人350円(保険料・資料代)

応募締切:9月29日(金曜日)

実施団体:相生山緑地自然観察会

フジバカマにとまるアサギマダラ

第8回 竹林の除伐体験と竹炭の用材加工

里山に侵入してきた竹を除伐し、窯に入れる竹炭用材の加工まで体験していただきます。汗をかいた作業後、きれいになった森の様子を体感でき、加えて竹炭用材造りの竹割り作業でスカッとした気分も味わうことができます。

日時:11月25日(土曜日)午前9時50分から正午

場所:相生山緑地オアシスの森

定員:30人

費用:無料

応募締切:11月10日(金曜日)

実施団体:相生山緑地オアシスの森くらぶ

竹を切る様子

このページの作成担当

天白区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-807-3824

ファックス番号

:052-801-0826

電子メールアドレス

a8073821@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ