ページの先頭です

なごやか地域福祉2015(第2期名古屋市地域福祉計画・第5次名古屋市社会福祉協議会地域福祉推進計画)の推進及びなごやか地域福祉2020の策定

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年8月8日

なごやか地域福祉2015の概要

 「なごやか地域福祉2015」とは、名古屋市全域を対象として、『地域福祉の推進』に関する事項を定める計画です。主に、地域での様々な困りごとをどのように解決することができるのか、その仕組みづくりを進めています。

 例えば、

  • 地域において、どのような福祉サービスが必要とされているのか?
  • 関係する機関は、地域において、どのように連携していくべきか?
  • 地域住民が地域の福祉に積極的に関わっていけるための仕組みをどのように作っていくのか?
  • 災害時の一連の行動に対してハンディのある地域の方々をどのように支援するのか?

 ということなどをあらかじめ計画で定めておくことにしています。

 なお、27年3月に名古屋市の「地域福祉計画」と名古屋市社会福祉協議会の「地域福祉推進計画」とを一体的に見直して策定し、27年度より推進をしています。

 また、32年度から36年度までの次期計画となる「なごやか地域福祉2020」の策定を現在進めております。

推進体制について

 計画の推進体制は、以下のとおりになっています。本計画の主役である市民の皆さまの意見をより取り入れることができるよう懇談会には、公募により選定した市民委員に参加をいただいています。また、福祉関係者だけではなく、企業・商店・組合等関係団体など地域で活動している様々な団体の参画も得ています。

推進体制

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

つながり・支えあおう 地域福祉のすゝめ

本計画のテーマに沿った各地域の地域福祉活動の事例などの発表を通じて、名古屋の地域福祉の進め方を考えるため、地域福祉に関するフォーラムである「つながり・支えあおう地域福祉のすゝめ」において、分科会3「なごやか地域福祉2015セミナー」を開催します。以下のリンクよりお申し込みいただき、ぜひご参加ください。

つながり・支えあおう地域福祉のすゝめ

なごやか地域福祉2020の策定

次期計画の策定体制は、以下のとおりになっています。30年度から2か年度で策定し、32年度から36年度までの計画とします。

策定体制

なごやか地域福祉ニュース

 現在策定中の「なごやか地域福祉2020」に関する情報を毎月「なごやか地域福祉ニュース」として、ご報告します。

ダウンロード(最新号)

地域福祉に関する計画策定に係るアンケート調査結果について

地域福祉の推進における現状と課題、ニーズを把握し、なごやか地域福祉2015の策定作業に活かすため、様々な団体や市民の方々に対して、アンケート調査を行いました。

 地域福祉に関する計画策定に係るアンケート調査結果のページへ

なごやか地域福祉2015(概要版)

「概要版」は、ファイルサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに、時間がかかることがありますので、ご注意ください。

ダウンロード

なごやか地域福祉2015(本冊子版)

「なごやか地域福祉2015」の本冊子版を掲載しています。

「第1章」「第2章」「第4章 1」「第4章 2」「第4章 3」「資料1」「資料2」は、ファイルサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに、時間がかかることがありますので、ご注意ください。

このページの作成担当

健康福祉局 高齢福祉部 地域ケア推進課 地域福祉係
電話番号: 052-972-2547
ファックス番号: 052-955-3367
電子メールアドレス: a2548@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ