ページの先頭です

東海道周辺めぐり・戸部新左衛門の碑

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年5月25日
戸部新左衛門の碑の写真

戸部新左衛門の碑  ※平成28年4月に富部神社境内に移設

 戸部新左衛門政直は戦国時代に活躍した人物です。戸部城の城主でしたが、織田信長の計略にかかり、三河吉田(豊橋)で今川義元に殺害されました。
 その霊を祀るため、城跡に碑が建てられましたが、後にこの場所に移されました。

 戸部城は、「松本城」「笠寺城」とも呼ばれています。東西は約30メートル、南北約180メートルで、西側、南側は高さ十数メートルもある崖になっていました。
 昭和4年の耕地整理で削平されたため、現在は痕跡をとどめていません。

 

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ