ページの先頭です

めいとう総合見守り支援事業

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月30日

ページの概要:めいとう総合見守り支援事業に関する情報をお知らせしています。

めいとう総合見守り支援事業は、災害時に支援が必要な方々(以下「避難行動要支援者」という。)に、地域の支援者に対し名簿情報を提供することについての同意確認をし、学区(団体)連絡協議会(以下「学区」という。)に同意を得た避難行動要支援者の名簿情報を提供することにより、地域において、日ごろの見守り活動と連動させ、災害時に共助による迅速な安否確認や避難支援が実際に機能する仕組みをつくることを目指した事業であり、行政と地域が一体となって取り組むものです。

対象

  1. 避難行動要支援者のうち、名簿情報を提供することによって自ら同意する方
  2. 避難行動要支援者には該当しないが、名簿情報を提供することについて自ら同意する方

※避難行動要支援者…65歳以上ひとり暮らし高齢者、75歳以上高齢者のみ世帯、介護保険受給者、身体障害者、知的障害者、精神障害者(1級、居宅介護・移動支援サービス受給者)、難病患者

事業の流れ(概要)

段階1:事業周知

1 事業説明・協定締結

学区の役員会や定例会において、事業説明を行います。その後に、学区と名東区役所とにおいて事業協定を締結します。

2 事業PR

PRチラシを組回覧いただくことにより、事業の周知を図ります。

段階2:同意確認

1 避難行動要支援者の募集及び勧奨

区役所は、避難行動要支援者に「名簿情報提供同意書(様式1)」を送付し、個人情報提供に同意し、支援を希望する方(要支援者)を募集します。学区は、要支援者への勧奨を行います。

2 名簿情報取扱者(事業の主宰者)の調整

学区は、区役所から提供される名簿情報等の保管や閲覧を行う取扱者等の調整を行います。

段階3:情報共有

1 要支援者マップの作成

学区は、名簿情報等をもとに、要支援者マップを作成します。

2 救援計画の策定

学区は、名簿情報等をもとに、要支援者を救援するための計画を策定します。

3 名簿等の提供

区役所は要支援者マップの作成、救援計画の作成後、学区に名簿等を提供します。
  • 引山学区での要支援者マップ作成の様子
  • 猪子石学区での名簿情報等の提供の様子
  • (左)引山学区での要支援者マップ作成の様子
  • (右)猪子石学区での名簿等の提供の様子

段階4:実践活動

1 救援訓練の実施

学区は、要支援者マップや救援計画をふまえた実践的な救援訓練を実施します。

2 平常時の見守り活動

学区は、支援者間で情報を共有し、平常時の見守り活動を行います。

3 名簿情報等の確認・更新

学区は、名簿等を活用した救援訓練や見守り活動の結果をもとに、要支援者の状況を確認します。区役所と学区は、定期的に名簿情報等の確認を行い、必要に応じて更新を行います。
  • 香流学区での救援訓練の様子
  • 前山学区での救援訓練の様子
  • (左)香流学区での救援訓練の様子
  • (右)前山学区での救援訓練の様子

各学区の取組状況

現在、取り組んでいる学区に居住の方は申込ができます。詳しくは、名東区役所総務課にお問合せください(電話番号:052-778-3013)

※現在、取り組んでいる学区:猪子石、前山、引山、香流、貴船、豊が丘、蓬来、上社、極楽、猪高、高針、梅森坂、名東、藤が丘、北一社、平和が丘

めいとう総合見守り支援事業の概略図

このページの作成担当

名東区役所区政部総務課庶務係

電話番号

:052-778-3012

ファックス番号

:052-773-7864

電子メールアドレス

a7783012@meito.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ