ページの先頭です

就学援助

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年9月2日

 名古屋市では、経済的な理由により、お子さんを小・中学校へ就学させるのにお困りの方に対して、給食費や学用品費など学校での学習に必要な費用を援助する事業を行っています。(私立小・中学校へ通学している場合は対象となりません。)

 平成28年度の制度改正により、認定期間は「9月から8月」となっています。この記事は令和2年8月までの内容を掲載しています。

就学援助の対象となる方

※就学援助での「世帯」とは、同じ家に住んでいる方すべてをいいます。祖父母等で生計や住民票を別にしている場合でも、同じ家に住んでいれば、世帯の中に含めます。また、単身赴任などにより、その世帯の生計を維持する方が他の場所に住んでいる場合は、その方も世帯に含まれます。

※「3 児童扶養手当が支給された方」を除き、世帯全員が、同じ項目に該当していることが必要です。

就学援助費受給申請書の「同意」欄に記名・押印された場合、就学援助受給資格の審査にあたり必要な情報を教育委員会で確認しますので、証明書類(児童扶養手当証書・市民税県民税証明書など)は必要ありません。

 ただし、最近名古屋市に転入された場合や所得の申告をされていない場合など、教育委員会で確認した結果、必要な情報が得られない場合は、別途、必要書類を提出していただきます。単身赴任などにより、世帯に含まれるが、住所が異なる方がいる場合も、必要な情報を取得することができないため、必要書類を提出していただきます。

 また、「同意」欄に記名・押印されない場合は、以下の区分ごとに必要書類を添付してください。

※添付していただく書類(すべてコピーで可)は世帯全員の状況が証明できることが必要です。

1 生活保護法に規定する要保護者

証明書は不要です。

2 平成30年4月2日以降生活保護が停止または廃止された方

保護決定通知書(停止・廃止)が必要です。

3 児童扶養手当が支給された方

  • 受給期間が平成30年8月以降である児童扶養手当証書が必要です。
  • 就学援助対象児童生徒が、児童扶養手当の支給対象であることが必要です。 

 ※他の同居人(祖父母や手当の支給対象外である子など)がいても、対象となります。

4 経済的にお困りの方(1から3に該当しない方)

次の書類が必要です。(コピー可)

 令和元年度市民税・県民税証明書

※援助を受けることができるのは、平成30年中の所得額が次表の所得基準額以下で、お子さんを学校へ就学させる費用にお困りの方です。


4 「経済的にお困りの方」 で申請する場合の所得基準額

  区分

2人世帯

3人世帯

4人世帯

5人世帯

6人世帯

所得基準額

246万3千円

275万9千円

313万6千円

370万9千円

408万1千円

(給与所得者の収入額)

(376万円)

(412万円)

(460万円)

(531万円)

(578万円)

(7人世帯以上は6人世帯の所得基準額に1人増すごとに48万9千円を加えた額)
(注)下段:(給与所得者の収入額)欄は、収入額のめやすであり、認定基準は上段:所得基準額です。

申込方法

通学先の学校へお申し出ください。

申請書は「就学援助のお知らせ(令和元年9月から令和2年8月分)」にも付属しています。

※就学援助の認定にあたって必要な情報(所得情報など)を教育委員会で確認することに同意されない場合、証明書類が必要です。

援助の種類(金額は年額です)

※生活保護受給世帯については、修学旅行費と学校病医療費に限り、就学援助の対象となります。他の費目は生活保護の対象であり、社会福祉事務所(区役所民生子ども課)から支給されます。

援助の種類
区分 学用品費(1学期分) 学用品費(2学期分) 学用品費(3学期分) 入学準備金 卒業アルバム代等 修学旅行費 野外活動費 通学交通費 学校給食費 学校病医療費 学校生活管理指導文書費
小1年 5,610円 4,280円 3,210円 50,600円 対象外 対象外 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
小2から4年 6,600円 5,000円 3,750円 対象外 対象外 対象外 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
小5年 6,600円 5,000円 3,750円 対象外 対象外 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
小6年 6,600円 5,000円 3,750円 57,400円 実費援助 実費援助 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
中1年 10,590円 8,120円 6,090円 対象外 対象外 対象外 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
中2年 11,440円 8,920円 6,690円 対象外 対象外 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)
中3年 11,440円 8,920円 6,690円 対象外 実費援助 実費援助 対象外 実費援助 実費援助 実費援助 実費援助(上限額3,000円)

支給方法など

就学援助支給方法など
区分対象支給方法等支給時期
学用品費等全学年学期ごとに支給(年度途中に認定となった方は月割計算をして支給)6月、10月、1月、
入学準備金小・中

入学前年度の2月時点、または入学年度の4月時点で就学援助を受けている児童生徒に支給

2月

(入学後に支給を受ける場合は6月)

卒業アルバム代等小6・中33月1日時点で就学援助を受け、卒業アルバム等を購入する児童生徒に支給3月
修学旅行費小6・中3実施時点で就学援助を受け、修学旅行に参加した児童生徒に支給実施後
野外活動費小5・中2実施時点で就学援助を受け、野外活動に参加した児童生徒に支給実施後
通学交通費右記のとおり特別な教育的配慮により、小学校4km以上・中学校6km以上の通学距離がある学校へ、公共交通機関を利用して通学する児童生徒に実費を支給(特別支援学級への通学については、通学距離を問わない) 7月、10月、1月
学校給食費全学年

学校長から給食実施機関に支払い

中学校でスクールランチ実施校は、実際に飲食した金額を翌月支給(ただし4月分については6月支給、3月分については3月末支給)

左記のとおり
学校病医療費右記のとおり学校の指示で治療した学校病の医療費を、学校長から医療機関に支払い随時
学校生活管理指導表文書費右記のとおり食物アレルギー、心臓・腎臓関連の疾患に関して医師が作成する学校生活管理指導表の文書料を支給6月ほか

【注】
※学校病とは、トラコーマ、結膜炎、中耳炎、慢性副鼻腔炎、むし歯、アデノイド、寄生虫病、特定の皮膚病です。治療の際には、必ず「治療明細書」等を事前に学校から受け取り、医療機関へお持ちください。(ただし、子ども医療証、ひとり親家庭医療証がある場合は、そちらを優先します。)
※「支給時期」は、若干ずれることがあります。
※保護者が口座振替を申し込まれた場合については、原則として保護者口座へ直接振り込みます。

その他

 令和2年4月から8月の認定・支給については、令和2年度予算の成立を前提にしています。状況によっては、このお知らせのとおり認定・支給されないことがあります。

 就学援助の申請につきましては、随時受付しておりますので、通学先の学校へお申し出ください。(ただし、年度の途中で申請された方の場合、支給が開始されるのは、4月、9月を除き翌月分からとなります。また、3月、8月は受付を行いません。)

 就学援助について、ご不明な点がありましたら、名古屋市教育委員会学事課(電話番号:052-972-3217 ファックス番号:052-972-4175)または通学先の学校へお問い合わせください。

関連リンク

就学援助のお知らせ(チラシ)

添付ファイル

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

教育委員会事務局教務部学事課就学援助係

電話番号

:052-972-3217

ファックス番号

:052-972-4175

電子メールアドレス

a3217@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

中学校に戻る

就学援助の別ルート

ページの先頭へ