ページの先頭です

名古屋市自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を制定しました。(平成29年4月1日施行)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月7日

条例制定の背景

 自転車は手軽で便利な乗り物であり、子どもから高齢者まで多くの方に利用されていますが、一方で交通ルールを守らない自転車利用者も多く、社会的に問題になっています。     

 また、近年自転車事故で相手方を死傷させた場合に、高額の損害賠償を命じる判決が相次いでいることから、自転車の安全利用に関する関心が高まっています。

ヘルメットをかぶり自転車に乗るはちまるの画像

そのため、名古屋市では自転車の安全で適正な利用を促進し、交通事故の減少を図るとともに、自転車事故による被害者の保護を図るため、自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を制定しました。

条例の基本理念

  • 市民一人ひとりが、自転車の安全利用について理解を深め、交通事故を防止するよう心がけ、互いに譲り合う精神の醸成を図ります。
  • 市その他の主体が、自転車を安全に利用することができる環境づくりに努め、もって安心して安全に暮らせるまちの実現を目指します。

条例のポイント

交通安全教育の充実

地域・家庭・職場での交通安全教育に努めましょう。

自転車利用時の交通ルール・マナーの向上

自転車安全利用五則(愛知県警察ホームページ)(外部リンク)別ウィンドウをはじめとした自転車の交通ルールを守りましょう。

高齢者のヘルメット着用

65歳以上の自転車利用者はヘルメットを着用しましょう。

自転車損害賠償保険等の加入義務化

自転車事故に備えた保険に加入しましょう。

条例全文

条文全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く
自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例チラシのファイルは一部テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は市民経済局地域安全推進課(電話番号:052-972-3040)までお問合せください

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例チラシ

詳しくは下記をご覧ください

自転車損害賠償保険等の加入について(平成29年10月1日より施行)

自転車損害賠償保険等への加入が義務となります(平成29年10月1日より施行)

近年、自転車利用中の事故で高額の損害賠償を命じられる事例が相次いでいます。被害者の保護を図るため、また損害賠償責任を負ったときの経済的負担の軽減を図るためにも、自転車損害賠償保険等に加入しましょう。

 

このページの作成担当

市民経済局 地域振興部 地域安全推進課 地域安全推進係
電話番号: 052-972-3040
ファックス番号: 052-972-4823
電子メールアドレス: a3124@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ