ページの先頭です

保育所等における新型コロナウイルス感染症対策について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年7月31日
新型コロナウイルス感染症対策にかかる保育所等の対応については以下のとおりです。なお、今後の状況により変更する場合があります。

1 緊急事態宣言解除後の保育所等の利用について(令和2年6月1日時点)

  • ご家庭で保育できる場合に登園を控えていただくお願い並びに、それに伴う利用者負担額(保育料)減額の取り扱いを、5月31日までで終了いたしました
  • 保護者の皆様におかれましては、この間、ご不便をおかけしました。多くのご協力をいただき、ありがとうございました。

5月分利用者負担額(保育料)の減額にかかる手続きについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、5月の登園を控えた日の利用者負担額(保育料)の減額にかかる手続きをご案内します。

4月分利用者負担額(保育料)の減額にかかる手続きについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、4月の登園を控えた日の利用者負担額(保育料)の減額にかかる手続きをご案内します。

利用者負担額(保育料)について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、名古屋市からの要請により、保育所等が臨時休園になる場合や、登園停止になる場合は、保護者の方からの申請に基づいて、休園期間中の利用者負担額(保育料)の減額を行います。

新型コロナウイルス感染症に伴う育児休業の取扱いについて(令和2年5月20日時点)

  • 育児休業からの復職予定で、保育所等の利用決定がされている方については、原則的な取扱いとして「利用開始月内に就労開始(育休復帰)すること」としておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、一時的に育休を延長した場合であっても利用決定の取消しを行わない取扱いとしてきました。
  • 緊急事態宣言の解除に伴い、上記の取扱いは、令和2年5月31日までに利用開始している方に適用するものとします。6月1日以降の利用開始となる方については、原則通り、利用開始月内に就労開始(育休復帰)することが必要です。
  • 一時的に育休を延長した場合であっても利用決定の取消しを行わない期間については、「当面の間」としておりましたが、本市からできる限り登園を控えていただくお願いを行っていた期間中(令和2年5月31日まで)のお子さんの年齢に応じて延長をされた育児休業の終了日までとします。
  • 就労開始(育休復帰)されるにあたっては、延長した育児休業が終了する月の末日までに、「就労開始(育休復帰)証明書」を、お住まいの区の区役所民生子ども課民生子ども係にご提出ください(郵送可)。
  • なお、登園を控えた場合の利用者負担額(保育料)を減額する取扱いは、5月31日までとします。6月以降分については、育児休業中で登園を控えた場合であっても、減額の取扱いは行いません。


2 保育所等の登園停止・臨時休園等について

登園にあたっては、登園前にお子さんの体温を計測し、発熱や呼吸器症状がある場合は登園を見合わせてください。

こんなときは保育所等へご連絡ください

以下の場合には、速やかに利用する保育所・認定こども園・地域型保育事業所へご連絡ください。

  • お子さんがPCR検査を受ける場合(検査を受けることが決まった時点でご連絡ください)
  • お子さんが濃厚接触者に特定された場合
  • お子さんが新型コロナウイルスに感染した場合

※保育所等をお休みされている場合でもご連絡ください。

登園停止や臨時休園を行います

お子さんや職員が新型コロナウイルスに感染した場合や、濃厚接触者に特定された場合は、以下の対応を行います。

登園停止や臨時休園の対応
 区  分対  応 
 濃厚接触者に特定された方濃厚接触者に特定されたお子さん等は、感染者と最後に濃厚接触した日から14日間登園停止になります。 
 新型コロナウイルスに感染された方 感染したお子さん等は、治癒するまでの間、登園停止となります。
 他の利用者

 感染したお子さん等が最後に登園した日の翌日から保育所等は14日間(注)休園します。

 注:休園期間は保健所の調査を踏まえて個別に判断します。

※感染を拡大させないため、上記の表の期間中は、一時保育事業、休日保育事業、病児・病後児デイケア事業の利用は控えてください。

3 一時保育事業について

  • リフレッシュ預かり保育事業

 5月31日(日曜日)まで休止しておりましたが、6月1日(月曜日)以降、再開しています。

※利用申し込みの受付開始日時や利用再開日時は、各施設により異なりますので、各実施施設へお問い合わせください。

  • 非定型保育事業

 引き続き実施しておりますが、5月31日(日曜日)までは、可能な限りご家庭における保育の実施にご協力ください。6月1日(月曜日)以降は、通常通り実施します。

  • 緊急保育事業

 これまでどおり、継続して実施します。

4 地域子育て支援センター事業について

  • 子育て親子の交流の場の提供

 5月31日(日曜日)まで休止しておりましたが、6月1日(月曜日)以降、再開しています。

※利用については、各施設により対応が異なりますので、各実施施設へお問い合わせください。

引き続き休業する事業

  • 子育て親子の交流の促進(いわゆるイベント)

  • 子育て及び子育て支援に関する講習会等の実施

休業期間

  • 令和2年6月1日(月曜日)から当面の間

※開業の見通しがつきましたら、改めてお知らせします。

5 エリア支援保育所事業について

  • 子育て等に関する相談、援助の実施(電話等による相談業務)

 これまでどおり、継続して実施します。

  • 地域型保育事業所等への訪問支援

 5月31日(日曜日)まで休止しておりましたが、6月1日(月曜日)以降、一部再開しています。

※当面の間、職員への支援のみを行い、保育現場に入る等の支援は実施しません。

  • 地域の子育てサロン等への職員派遣

 5月31日(日曜日)まで休止しておりましたが、6月1日(月曜日)以降、一部再開しています。

※事業が再開しているもののみ実施します。

引き続き休業する事業

  • 子育て家庭等への交流会や子育て講座等の実施

  • 保育の質の向上に関する研修や交流等の実施

休業期間

  • 令和2年6月1日(月曜日)から当面の間

開業の見通しがつきましたら、改めてお知らせします。

問合せ先について

問合せ先一覧
内  容 問 合 せ 先 

1 緊急事態宣言解除後の保育所等の利用について

保育企画室 電話番号052-972-2528

2 保育所等の登園停止・臨時休園等について

保育運営課

【民間施設担当】 電話番号052-972-3972

【公立施設担当】 電話番号052-972 2525

3 一時保育事業について一時保育事業の連絡先
4 地域子育て支援センター事業について地域子育て支援センターの連絡先
5 エリア支援保育所事業についてエリア支援保育所の連絡先

このページの作成担当

子ども青少年局保育部保育運営課保育運営係

電話番号

:052-972-2525

ファックス番号

:052-972-4116

電子メールアドレス

a2525@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ