ページの先頭です

鳥刺し、しもふりなど生又は半生の鳥料理によるカンピロバクター食中毒に注意!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年5月10日

ページの概要:鳥刺しや鶏肉のしもふり、鶏肉のタタキなど、生又は半生の鳥料理によるカンピロバクター食中毒が市内で多発しています。鶏肉は中心部まで十分加熱し、安全においしく食べましょう。

カンピロバクター食中毒が名古屋市内で多発しています!

平成29年は10件発生し、5年間で発生件数・患者数ともに最多でした!

市内におけるカンピロバクター食中毒の発生は、平成29年の発生件数が10件、患者数が64名と、過去5年間で最多となっています。

平成29年、名古屋市内では27件の食中毒が発生しました。このうちカンピロバクターによる食中毒は、発生件数が10件(全体の約37%)、患者数が64名(全体の約22%)を占め、過去5年間で発生件数、患者数ともに最多でした。

全国においてもカンピロバクターによる食中毒の発生件数は、ノロウイルスによる食中毒を上回り第1位(※1)となり、特に注意が必要です。

※1 平成29年厚生労働省食中毒統計資料

10件の食中毒のうち9件は、生又は半生(加熱不十分)の鶏肉料理が提供されていました!

平成29年に発生したカンピロバクターによる食中毒の概要
発生月 原因施設 生又は半生(加熱不十分)の鶏肉料理 患者数
3月 飲食店 鶏刺し盛り合せ 3名
4月 飲食店 ささみのカルパッチョ 6名
5月 飲食店 ささみ串焼き(半生) 3名
5月 飲食店 鶏刺し盛り合せ 10名
5月 飲食店 鶏肉のタタキ 11名
6月 その他 (提供なし) 4名
8月 飲食店 鶏レバーの湯引き 9名
9月 販売店 鶏刺し盛り合せ、鶏むね肉 7名
9月 飲食店 鶏刺身、鶏サラダ 6名
10月 飲食店 鶏刺し盛り合せ 5名

平成29年に名古屋市で発生したカンピロバクターによる食中毒では、10件中9件で生又は半生(加熱不十分)の鶏肉料理が提供されていました。

また厚生労働省の報告によると、平成29年に発生した全国のカンピロバクター食中毒事例でも、約9割の事例で生又は加熱不十分な鶏肉の関与が疑われる(※2)ことが報告されています。

生の鶏肉や鶏レバーには、カンピロバクターが高い確率(※3 67.4%)で付着しており、数百個程度の少ない量の菌を摂取することにより発症します。

さらに鶏肉は内部にまで菌が入り込むため、タタキ(表面を焼いたもの)や、しもふり(湯引きしたもの)では、菌が生き残り食中毒となることがあります。

※2 4月1日以降発症、かつ原因施設が判明した事例において、平成30年2月23日までに報告があった事例(事件数133件、患者数930名)について集計したものです。

※3 厚生労働科学研究報告「食品製造の高度衛生管理に関する研究」によると、食鳥処理後の鶏肉でカンピロバクターが見つかる割合は67.4%(135検体中91検体)との報告があります。

カンピロバクターとは・・・

  • 主に鶏や牛、豚、ペットなどの腸管内に存在する細菌で、特に鶏肉の汚染率が高くなっています。
  • 発症までの時間は、2日から7日(平均2日から3日)で、下痢、腹痛、発熱、嘔吐、頭痛、倦怠感などの症状があります。
  • 感染してから数週間後に、後遺症としてギラン・バレー症候群を発症することもあります。ギラン・バレー症候群とは、ボツリヌス菌による食中毒症状によく似ており、軽度の手足の痺れからはじまり、徐々に上方に麻痺が見られ歩行困難となります。また、顔面神経麻痺、複視、えん下障害や、重度なものでは呼吸困難がみられます。
  • 主な原因食品は、鶏肉の刺身やしもふり、レバーなど内臓の刺身、二次汚染されたサラダなどがあります。

食中毒を防ぐには・・・

生又は半生(加熱不十分)の鶏肉料理は食べない!

  • 飲食店では十分に加熱された鶏肉料理を選んで注文するなど、生又は半生(加熱不十分)な鶏肉料理を食べないようにしましょう。
  • 飲食店などのお店で提供されているからと言って、生又は半生(加熱不十分)の鶏肉料理が安全とは限りません。中心部まで十分に火が通っていなかった場合、お店の人によく焼いてもらいましょう。
  • 「新鮮だから生でも安全」や、「鶏肉の表面を湯引きすれば大丈夫」などは間違いです!
  • 中心部まで十分に加熱された鶏肉料理を安全においしく食べましょう。

鶏肉などの生肉は、中心部まで十分に加熱しましょう!

半生(加熱不十分)な状態では菌は生き残るため、鶏肉は中心部まで十分な加熱が必要です。

鶏ささみ肉の加熱実験では、15秒間の湯通しでもカンピロバクターが検出されました。

半生(加熱不十分)な状態では菌は生き残るため、鶏肉は中心部まで十分に加熱(中心部の温度が75℃で1分間以上)することが必要です。

生肉からの二次汚染に注意しましょう!

生肉に触れた手や調理器具から、菌が生野菜などの食品に移り食中毒を起こすことがあります。
  • 生の鶏肉などの食肉を取り扱った後は、十分に手を洗ってから他の食品を取り扱いましょう。
  • 食肉に触れた包丁やまな板などの調理器具は、十分に洗浄や消毒を行いましょう。
  • 冷蔵庫内では、生肉が他の食品と接触しないように保存しましょう。

関連リーフレット

「カンピロバクター食中毒が市内で多発!」リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

「生または半生の鶏肉料理による食中毒に要注意!」リーフレット

関連リンク

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課食品衛生係

電話番号

:052-972-2646

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2646@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ