ページの先頭です

犬の登録と狂犬病予防注射

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2009年12月22日

ページの概要:犬の登録と狂犬病予防注射について

 生後91日以上の犬には登録(生涯1回)と毎年1回(4月〜6月)の狂犬病予防注射が義務づけられています。
 登録の証明となる鑑札と、予防注射が済んだことの証明である注射済票は、必ず犬の首輪などにつけてください。

犬の登録の手続きについて

手続きに必要なもの

  • 犬の登録申請書(保健所に用意してあります。また、以下の関連リンク「犬の登録」のページからダウンロードすることもできます。)
  • 犬の登録申請手数料 3,000円
    ※郵送受付はできません。

狂犬病予防注射の手続きについて

手続きに必要なもの

  • 狂犬病予防注射済証(動物病院で狂犬病予防注射をすると、動物病院で交付されます。)
  • 狂犬病予防注射済票交付手数料 550円

※郵送受付はできません。

1.生後91日以上の犬は
2.狂犬病予防注射

動物病院で狂犬病予防注射をすると、狂犬病予防注射済証という証明書が交付されます。この証明書を保健所へお持ちください。

3.保健所で手続き

 鑑札、注射済票、門標が交付されます。

門標は家の見やすいところに貼ってください

 鑑札と注射済票は、首輪などにつけてください。

  • 狂犬病予防注射は、動物病院または狂犬病予防集合注射会場で受けることができます。
  • 登録した犬が死亡したり、所在地・所有者等の変更があった場合は、必ず犬の所在地の保健所に届け出てください。
  • 盲導犬(育成中も含む)や身体障害程度が1級〜3級の人の歩行活動等の誘導・補助等に役立っている犬については、犬の登録申請手数料・注射済票交付手数料が免除されます。

犬が死亡したときの手続きについて

手続きに必要なもの

  • 犬の死亡届(保健所に用意してあります。また、以下の関連リンク「犬の登録」のページからダウンロードすることもできます。)
  • 鑑札と注射済票

※手数料はかかりません。

所在地・所有者等を変更したときの手続きについて

犬の所在地、所有者住所、所有者氏名(姓の変更等)、所有者を変更したとき

手続きに必要なもの

  • 犬の登録事項変更・所有者変更届(保健所に用意してあります。また、以下の関連リンク「犬の登録」のページからダウンロードすることもできます。)
  • 旧所在地で交付された鑑札(名古屋市外からの転入の場合のみ)

※手数料はかかりません。

受付窓口等

犬が所在する区の保健所生活環境課

各区役所・保健所の組織と電話番号等

関連リンク

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課獣医務係

電話番号

:052-972-2649

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2649@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ