ページの先頭です

ゾウムシ類、クリシギゾウムシについて

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2007年4月1日

ページの概要:ゾウの鼻のように長い口吻を有している、ゾウムシ類について

ゾウムシ類

[学名] Curculionidae
[分類] 鞘翅目(コウチュウ目),ゾウムシ科

ゾウムシは『象鼻虫』の意で、ゾウの鼻のように長い口吻を有していることから名付けられた。種類は大変多く、日本から約850種が記録されている。大きさは数mmから数cmのものまである。

幼虫時、立木や枯死木に穿孔して育つ種が多く、林業・木材害虫が多い。農作物を加害するヤサイゾウムシや、クリの実を食害するクリシギゾウムシなどもある。

クリシギゾウムシ

[学名] Curculio sikkimensis (Heller)
[分類] 鞘翅目(コウチュウ目),ゾウムシ科

クリシギゾウムシ成虫

成虫は細長い吻を有する独特な形態を持つ。

クリシギゾウムシ幼虫

クリの実の害虫。

夏、産み付けられた卵はクリの実の中で育つ。老熟した幼虫はクリが地上に落ちた後、小穴を開けて這い出し、土中に入り越冬し、翌夏蛹化して成虫となる。

買い置いたクリから脱出した幼虫が, 室内で見つかることがよくある。

食害を受けたクリ(断面)

アベマキやクヌギなどのドングリには、本種によく似たコナラシギゾウムシ、クヌギシギゾウムシが寄生する。クリシギゾウムシの場合と同様に、拾ってきたドングリから脱出した幼虫が見つかることがあるが、幼虫での両種の区別は難しい。

このページの作成担当

健康福祉局衛生研究所生活環境部

電話番号

:052-841-1511

ファックス番号

:052-841-1514

電子メールアドレス

a8411511-05@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ