ページの先頭です

中小田井町並み保存地区

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年3月28日

中小田井町並み保存地区

 中小田井周辺には9世紀頃に村ができたと推定されており、以来、この地域は庄内川の氾濫による水害との闘いを繰り返しながら歴史を刻んできました。
 江戸時代の寛文7年(1667)には、名古屋城下から中小田井を通って岩倉方面に至る岩倉街道が通じ、岩倉方面から、大根、ごぼう、人参などの野菜類がこの街道を通って搬送され、枇杷島の青物市で販売されました。人々の往来が盛んになると、中小田井では、味噌や油などの生活用品を販売する店舗などが建ち並ぶようになり、岩倉街道を利用する商人などで賑わいました。

町並みの特徴

 中小田井地区は、庄内緑地の西側の堤防から坂道を下った岩倉街道周辺に位置しています。街道沿いには町家、土蔵、長屋などの歴史的建造物が建ち並び、五所社、東雲寺、願王寺といった歴史ある寺社とその境内の緑が一体となって町並みを形成しています。中小田井の町並みは、街道沿いに町家が建ち並びながらも、比較的敷地に余裕のある農村的な様相も特徴となっています。
 現在残っている歴史的建造物のほとんどは、明治24年(1891)の濃尾地震後に建てられたものです。建造物は、平入り2階建の建物に格子付きという構成になっているものが多くあります。河川の氾濫に悩まされてきた地域性から、仏壇を2階へ巻き上げる構造を備えるなど、洪水を意識した構造が見られる建造物も残っています。
中小田井町並み保存地区の様子

区域と修景基準等

 岩倉街道周辺の約2.8ha を「中小田井町並み保存地区」に指定しています。

現状変更行為届出の手続きについて

 町並み保存地区内において建築物や工作物の新築、増改築、除却等を行う場合は、事前に相談及び現状変更行為の届出を行ってください。

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室町並み保存担当

電話番号

:052-972-2782

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2782@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ