ページの先頭です

徳川家康幼時幽居地

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年6月28日

ページの概要:徳川家康は6歳のとき、熱田の地に幽閉されていました。

熱田区内の埋もれた見どころを発掘し、紹介しています。(広報なごや平成23年3月号掲載)

徳川家康幼時幽居地について

松平竹千代(のちの徳川家康)の父・広忠は、三河に勢力を拡大する織田信秀(信長の父)に対抗するため、駿府の今川義元への従属を強め、1547年、6歳の竹千代を人質として差し出しました。しかし、岡崎から駿府へ送られる途中、竹千代は、田原の領主・戸田康光により身柄を奪われ、織田氏へ送られました。そして、熱田の豪族加藤図書助順盛(かとうずしょのすけのぶもり)に預けられ、熱田の地に幽閉されました。

1549年、8歳の時に織田信広(信長の異母兄)との交換で和議が成立し、一時岡崎に戻りましたが、すぐに今川氏の人質として駿府へ送られました。(「新修名古屋市史」第二巻第六章ほか参照)

熱田区誌には、「1603年、家康は加藤家に140余石の土地を与えており、これは、人質として預けられた時の厚遇に感謝していたものと考えられ、家康のこまやかな配慮があったもの」という旨の記述があります。
「徳川家康幼時幽居地」の位置を示す地図

当時の建物は戦災で焼失し、現在は看板が立っています。
(熱田区伝馬2丁目13番3号)

このページの作成担当

熱田区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-683-9421

ファックス番号

:052-683-9494

電子メールアドレス

a6839420@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ