ページの先頭です

ごみ収集車の火災が増えています!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年7月27日


今年に入ってから、名古屋市内でごみ収集車の火災が多発しています。
5月までに既に10件の火災が発生しており、このペースですと1年間で20件を超し、ここ数年で最も多い件数となります。


ごみ収集車の火災の原因は、スプレー缶やリチウムイオン電池などの可燃物や、ライターなどがごみに混入していたことが多いです。


ごみの廃棄にあたっては、スプレー缶やリチウムイオン電池等の「発火性危険物」を分別し回収拠点等に出していただきますようお願いいたします。


ごみ収集車の出火事故の再現映像(独立行政法人製品評価技術基盤機構)

発火性危険物の分け方出し方

発火性危険物の分け方出し方については環境局のホームページをご覧ください。

ごみ収集車の火災が増えています

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

消防局 中消防署 予防課
電話番号: 052-231-0119
ファックス番号: 052-222-0119

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ