ページの先頭です

ガソリンの容器への詰め替え販売について(ガソリンスタンドの関係者の皆様へ)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年7月30日

販売の注意点

令和元年7月18日、京都市において、ガソリンを使用して放火したとされる火災が発生しました。

詳細については関係機関により現在調査中ですが、

過去、名古屋市においても、小分け販売されたガソリン等の危険物が放火等の犯罪に悪用されています。

ガソリンスタンドの関係者の皆様におかれましては、以下の事項について再度徹底をお願いします。


徹底事項

ガソリンを容器へ詰め替え販売する際には、

  1. 消防法令に適合した容器か確認すること。
  2. 購入者の身分証の確認及び使用目的の問いかけをすること。
  3. 販売記録の作成を行うこと。


※ 灯油用ポリタンクへのガソリンの注油はできません。
※ セルフスタンドで、購入者自らが容器へ注油することはできません。
※ 1日にガソリンを注油できる量は指定数量(200L)未満となっています。
※ 持参された容器が、消防法令に適合したものであるかを確認してください。
  容器に「ガソリン」「危険等級2」「火気厳禁」等の表示があるか。
  落下試験等、告示で定める基準に適合しているか。
  (告示の基準に適合しているかどうかの目安にはUNマークやKHKマークがあります。)


※不審な者が購入を申し出た場合には、警察に連絡(110番)するようにしてください。


このページの作成担当

消防局予防部規制課危険物係

電話番号

:052-972-3549

ファックス番号

:052-972-4196

電子メールアドレス

00kikenbutsu@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

危険物に戻る

ガソリンの容器への詰め替え販売について(ガソリンスタンドの関係者の皆様へ)の別ルート

ページの先頭へ