ページの先頭です

火災予防条例に基づく指定催しの公表について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年11月25日

ページの概要:大規模な屋外催し(1日当たりおおむね10万人以上の人出が予想され、主催者が認める露店等の開設数が100以上になることが予定されているもの)で、消防長が「指定催し」として指定した催しを火災予防条例に基づき公表します。

指定催しについて

 平成25年8月に京都府福知山市の花火大会において露店から発生した火災を踏まえ火災予防条例が改正され、平成27年4月1日より施行されました。

 消防長が「指定催し」として指定した催しの主催者は、防火担当者を定め、火災予防上必要な業務に関する計画を開催日の14日前までに提出しなければなりません。これを怠ると、30万円以下の罰金に処されることがあります。

火災予防条例(昭和37年名古屋市条例第16号)抜すい

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

指定催しの公表

 現在、名古屋市内で指定されている指定催しは、以下のとおりです。

指定催し一覧表
催しの名称 開催場所 開催期間 管轄消防署 備考
熱田神宮の正月縁日

熱田区神宮一丁目1番1号

熱田神宮一帯

令和元年12月31日から
令和2年1月5日まで

熱田消防署

過去の指定催し一覧表

このページの作成担当

消防局予防部予防課予防係

電話番号

:052-972-3542

ファックス番号

:052-972-4196

電子メールアドレス

00yobo@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ