ページの先頭です

令和2年度事業について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年6月30日

ページの概要:令和2年度開催事業について

中区多文化共生推進ワークショップ

日時

5月30日(土曜日)午後2時から4時30分まで

会場

リモート通信による(ZOOM)

参加者

Nestol Puno(ネストール・プノ)氏

Shiv Ram Khadka(シバ・ラム・カドカ)氏

楊 頴(ヨウ・エイ)氏

Elliot Conti(エリオット・コンティ)氏

三田村 幸雄(みたむら・ゆきお)氏

三谷 雅彦(みたに・まさひこ)氏

西田 文乃(にしだ・ふみの)氏

董 夢(トウ・ユメ)氏

内容

中区では外国人住民の割合が約11%であり、特に「留学生」の割合が多いです。現在、新型コロナウイルスが蔓延している中、アルバイトの減少、学校休校などが起きている状態です。その中で様々な課題を共有することにより、行政の役割として何をして、何を伝えることができるのかを当事者を交え話し合うとともに、市民と共有することで今後の支援活動の充実や共生意識の醸成の契機とするため中区にて主に支援者を対象としたワークショップを5月30日に行いました。


中区多文化共生推進セミナー

日時

7月12日(日曜日)午後2時から4時30分まで

会場

リモート通信による(ZOOM)


主催

名古屋市中区役所

内容

中区では外国人住民の割合が約11%であり、特に「留学生」の割合が多いです。現在、新型コロナウイルスが蔓延している中、アルバイトの減少、学校休校などが起きている状態です。その中で様々な課題を共有することにより、行政の役割として何をして、何を伝えることができるのかを当事者を交え話し合うとともに、市民と共有することで今後の支援活動の充実や共生意識の醸成の契機とするため中区にて主に支援者を対象としたワークショップを5月30日に行いました。

その中で、日本人も外国人もコロナに対する恐怖を感じていて、精神的に不安定になっています。中でも外国人はさらに日本人からのヘイトスピーチを受けるなど外国人特有の悩みが存在しているという意見が出ました。外国人のメンタルヘルスについてのサポートがもっとされるべきだと感じました。

その他、アフターコロナ対策として、外国人の目から客観的に日本を見て、日本政府や企業の対応などに疑問があるなど、日本が自分たちにとって本当に暮らすべき国なのかどうか考え始めているという意見もありました。今まで通り優秀な人に日本に来てもらうためにはもっと外国人対する雇用や支援を考え直す必要があるのではという意見もでました。

そのことから、このような意見を外国人支援している方などに幅広く知ってもらう必要がありセミナーを開催するものです。

参加費

無料

定員

先着100名

申し込み

ちらしURLもしくはQRコードから申し込みしてください
中区多文化共生推進セミナーちらし

多文化共生推進セミナー

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

多文化共生推進パンフレット

中区の外国人住民は10パーセントを突破し、平成31年4月には1万人を超えました。今後もさらに増加が見込まれています。

 外国人と共に地域で持続可能な生活をするために、外国人が安定した暮らしを続けられる環境整備が必要です。そのために外国人区民に対し生活に必要な情報や防災情報などを提供するパンフレットを作成しました。


パンフレット画像

多文化共生推進パンフレット(7言語)
中区地域力推進室他で配布しています。

  1. 規格 B3サイズ(配布時スマートフォンサイズまで折りたたみ) 両面カラー
  2. 内容 必要最低限のゴミ出しなどの生活情報、防災情報及び観光情報を掲載しています。
  3. 特徴 
  •  言語は7か国(やさしい日本語、英語、中国語、タガログ語、韓国語、ネパール語、ベトナム語)   
  •  持ち帰りやすいように折り畳み式(B3サイズからポケットに入るスマートフォンサイズへ)
  •  文字を読むことが苦手であっても内容が伝わるよう多くのイラストで表現

 ダウンロードもできます。

 ぜひご活用ください!

※以下のファイルはテキスト情報のない画像データです。 内容を確認したい場合は下記の問い合わせ先までご連絡ください。 

このページの作成担当

中区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-265-2221

ファックス番号

:052-261-0535

電子メールアドレス

a2652220@naka.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ