ページの先頭です

令和元年度 防災のつどい

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年10月16日

令和元年度 港区防災のつどい 「伊勢湾台風60年を迎えて」

令和元年9月21日(土曜日)に、南陽交流プラザにて「港区防災のつどい」を開催しました。

 南陽地区連絡協議会と港区役所の共催で実施しました。

 今年は"伊勢湾台風60年を迎えて"をテーマに実施し、当日は多くの方にご来場いただきました。

 当日の様子を一部ですが、ご紹介します。

  • チラシ表
  • チラシ裏

プログラム

防災講演会「60年後に改めて読み解く伊勢湾台風の被害と教訓」

  • 講演1
  • 講演2

防災講演会では、名古屋大学減災連携研究センターの倉田和己(くらたかずみ)特任准教授による講演会が行われました。

倉田先生は、情報通信技術を活用した、地震被害軽減のためのシステム開発やそれらの社会実装を行っています。

今年は伊勢湾台風から60年という節目を迎える年でもあることから、伊勢湾台風にスポットを当てて当時の災害記録や地図等を参考にわかりやすい説明で講演を行いました。

参加者の方々からも「区内でも特に被害の大きかった南陽地域について、わかりやすくかつ具体的に知ることができた」といった意見を多くいただき、大変好評でした。

今回の講演会をきっかけに、一人ひとりが災害が起こった時にどう行動するべきか、考えるきっかけにしていただければ幸いです。


現役中学生による伊勢湾台風経験者へのインタビュー

  • インタビュー1
  • インタビュー2

伊勢湾台風経験者の小島篤雄(こじまあつお)さんに対し、地元南陽東中学校の加藤さんと鬼頭さんが当時の状況について質問をしました。

小島さんは当時の状況や感じたことを丁寧に中学生のお二人にお話ししました。

防災のつどいコンサート

  • コンサート1
  • コンサート2


最後のプログラムは、防災のつどいコンサートです。

プロのアーティストと地元港区の中学生によるコンサートを実施しました。

前半はプロのアーティストの佐藤史織さん(津軽三味線)と平手裕紀(ピアノ)さんによる演奏で、参加者と語り合いながら楽しく演奏をお聴きいただきました。後半は南陽東中学校とコラボして迫力のある演奏をお聴きいただくことができました。


同時開催

伊勢湾台風記録写真展

  • 写真展1
  • 写真展2

写真提供:吉田 誠氏、名古屋港管理組合

伊勢湾台風記録映画上映

協力:港防災センター

最後に

今年度も、有意義なプログラムを行うことができました。

ご協力・ご来場いただいた皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このページの作成担当

港区役所区政部総務課庶務係

電話番号

:052-654-9611

ファックス番号

:052-651-6179

電子メールアドレス

a6549611@minato.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ