ページの先頭です
  • 市長の動き
  • 記者会見
  • プロフィール
  • 交際費の執行状況
  • 市政スポット
  • 外国からの賓客
  • 市長のイラスト等の使用について

あったさん1900年。ナゴヤ人でもりあげよみゃあ!

名古屋市長 河村たかし

市長写真

 堀川。港に近くなるとどえりゃあ広いがね。河村たかしがぼそっとつぶやく。

 「熱田神宮から積み重なった熱田の歴史を発信していくのが難しいがね」大矢晃敬(あきのり)さん。あつた宮宿会の歴史未来文化委員会の委員長。大矢蒲鉾(かまぼこ)商店店主。

 「インターネット生放送での司会をやったり、もうとにかく緊張してネ」佐々木茜さん。名古屋学院大学4年生。若い人に熱田の魅力を発信するproject758(プロジェクト ナナゴハチ)の中心メンバー。熱田の史跡・名物をキャラクター化し、それらを通じて地域の情報を発信し名古屋をもりあげている。

 「撮影する部門とか、司会部門とかをまとめるのが大変。あと後輩への引き継ぎも大変だよ」浅井勇人(はやと)さん。名古屋学院大学4年。同じくproject758の中心メンバー。

 大矢さん「あったか!あつた魅力発見市来てちょうよ。あつた宮宿会は、宮の渡し公園で屋台やステージなどワイワイとにぎわって、お客様をおもてなしするよ。紙芝居も新しくできて、源頼朝が生まれたまち熱田とかいろいろ出てくるがね。是非足を運んで熱田の歴史を実際に歩いて感じてちょうよ」

 佐々木さん「今年は謎解きイベント。熱田区にまつわる問題をたくさん用意しています。謎解きをしながらまちを楽しんで」

 浅井さん「熱田区は緑が豊か。白鳥庭園、熱田神宮。緑が体験できる貴重な場所だよ」

 熱田神宮1900年。桶狭間の戦で織田信長が立ち寄ってから450年。あつた。どえりゃあええがや。

 名古屋人のふるさとあつた。みんなでどえりゃあもりあげよみゃあ!!

宮の渡し公園の常夜灯(熱田区)



河村たかし市長自身の声でお届けする音声版はこちら

市長インタビュー音声版



ページの先頭へ