ページの先頭です
  • 市長の動き
  • 記者会見
  • プロフィール
  • 交際費の執行状況
  • 市政スポット
  • 外国からの賓客
  • 市長のイラスト等の使用について

子どもの楽園。入場料タダ。

名古屋市長 河村たかし

市長写真

 「『あんたいつも東海通で降りるんじゃないの?』と地下鉄で寝てて起こされたね」

 内山和美さん。現在、名東区社会福祉協議会の事務局長。平成8年とだがわこどもランド開館準備に尽力。

 開館準備で連日遅くまで仕事。通勤時の地下鉄車内でよく寝ていたときの思い出。地下鉄名城線の皆さん、見知らぬ彼女に声をかけて、えりゃあ親切な人がいるもんだ。

 「子どもたちが調理とか工作とかを楽しむ館内の企画と外の遊具とを同時に楽しめるところは、他にはなかなかないよ。お菓子とかを親子で作る調理教室もあるよ」と内山さん。

 佐藤正代さん。平成24年からとだがわこどもランドサポート会議の委員。地元福春学区「ふくはる子育てサロン」の運営メンバーとしても関わっている。

 「地元春田野に住んでいます。ここも今月で20周年。以前は地元的なとこだったんだけど、今では名古屋市内外からたくさんの人が来て、いい施設だと感じます」

 年間60万人。土日は1日に約5,000人の入場者だ。おすすめスポットやイベントはどう?

 佐藤さん「戸田川沿いの桜。都心にはいないカエルの鳴き声。夕涼みの散歩。とにかくいいとこですよ」

 内山さん「月1回広報紙『トコラ』を出していて、毎月楽しい企画がいっぱい。企画は無料が多く、かかっても材料などの実費ぐらい」

 1日の過ごし方はどんなもんだゃあ?

 佐藤さん「朝、お弁当を持ってきて、午前そして午後と企画に参加。午後3時か4時ぐらいまでたっぷり遊ぶ。これだけ遊んでもタダ」

 市民の皆さんへのメッセージをどうぞ。

 内山さん「20年前はこんなに大きな児童館が名古屋に必要か?と思ったけど、皆さんに応援していただいて、いい施設に育ったね。年中楽しめる。ぜひ一回来てください」

 佐藤さん「おじいちゃん、おばあちゃんを誘って三世代で遊びに来てね」

 とだがわこどもランド。なんかどえりゃあ、ええとこみたゃあだぞ。子どもの楽園。ほとんどタダ。ファミリーで行こみゃあ!!

とだがわこどもランド
ローラーすべり台
きりふき山



河村たかし市長自身の声でお届けする音声版はこちら

市長コラム音声版



ページの先頭へ