ページの先頭です
  • 市長の動き
  • 記者会見
  • プロフィール
  • 交際費の執行状況
  • 市政スポット
  • 外国からの賓客

広報なごや11月号インタビュー 「どえりゃあナゴヤ新名所 西区、円頓寺、四間道だがね」

名古屋市長 河村たかし

市長写真

 まず自己紹介してちょうよ。河村たかしからインタビュー。

 福谷正男(ふくたに まさお)さん「創業80年、豆福という、豆菓子屋をやっています。四間道・那古野界隈まちづくり協議会 代表」

 田尾大介(たお だいすけ)さん「実は山口県出身。喫茶兼ゲストハウスの『なごのや』のほか、外国人向けツアーの企画運営とかも。円頓寺商店街 振興組合 理事長」

 岩井良憲(いわい よしのり)さん「アサヒ写真という、写真屋の3代目をやっています。円頓寺本町商店街 振興組合 理事長」

 苦労はどうだゃあ?

 福谷さん「バラバラに活動していたまちづくりの団体を1つの協議会にまとめて、みんなでやるようにした。それが実っています」

 田尾さん「店もやっているし、旅行業も。ここの商店街が話題になるにつれ、メディア対応などが大変です」

 岩井さん「商店主は高齢化が進んでいて、キャッシュレス化対応とか若いボクらがそれぞれに説明して歩かなければいけません」

 ほんで四間道、那古野界隈どういうまちにしたゃあ?

 福谷さん「昔の町並みを残したいですね。戦争で焼け残ったので。駅前の高層ビル街とすごく対照的。お城行く途中でいいムード」

 田尾さん「お客さんに『あそこの店へ行きたい』と言ってもらえるように。オンリーワンがポイント」

 岩井さん「やっぱり、古き良きところ。お城の木造化、本物化と一緒に活かしたい」

 市民の皆さんへメッセージ、どうぞ。

 福谷さん「芝居(ナゴヤカブキ)などが、若い女性に人気。ぜひ、四間道、那古野へ来てください」

 田尾さん「おいしいコロッケにサンドイッチ。ナゴヤに来た外の人連れてフラフラ散歩してくださいね」

 岩井さん「昭和レトロな商店街、人情味のあるところを感じてください」

 7千万人大都市圏の中心、リニア名古屋駅。そして、世界1、旧国宝1号名古屋城、夢の木造復元。それらをブラッと歩いてつなぐ、焼け残った本物のまち、円頓寺、四間道。世界の名所にしよみゃあ、雰囲気でてきたがね!!



河村たかし市長自身の声でお届けする音声版はこちら

市長インタビュー音声版



ページの先頭へ