ページの先頭です
  • 市長の動き
  • 記者会見
  • プロフィール
  • 交際費の執行状況
  • 市政スポット
  • 外国からの賓客
  • 市長のイラスト等の使用について

母さんが「こんなのあるよ」

名古屋市長 河村たかし

市長写真

 「少年少女発明クラブ」ってどういうものだゃあ?

 佐伯平二さん。愛知工業大学客員教授、名古屋少年少女発明クラブ幹事。

 「対象は小4から中3。指導員が会場に出向き、指導しながら作品を作る教室や自分で考えたものを作る教室などがあり、その自由創作教室で完成した作品は『あいち少年少女創意くふう展』に出します。そこで入賞したのがお二人です」

 少年少女発明クラブに参加して感想はどうだゃあ?

 井樋(いび)太一くん。名古屋市立神の倉小学校6年。あいち少年少女創意くふう展2016 名古屋市長賞。

 「不具合があったとき、自分で原因を調べて、うまく動くようになったときに『ヤッター』という達成感があります」

 淺野雄大(ゆうだい)くん。名古屋市立大森中学校2年。同展名古屋市教育委員会賞。

 「工作が好きだったので、お母さんがこんなの(少年少女発明クラブ)あるよ、と。発明クラブでうまくいかないときに、指導員の人はそのまま教えず、ヒントをくれます。考える力がつきます」

 入賞作品はどんなもんを作ったの?

 井樋くん「『雨降り見張り番 ワイヤレス』です。雨を感知すると電気が流れラジオから音楽を流す装置です。室内でもお母さんが雨に気づいて洗濯物を取り込めたらいいなと思ったのが作るきっかけです」

 淺野くん「『ハンディcool(クール)ボックス』です。冷たい物を冷えたまま持ち運べるという作品です」

 将来の夢は?

 井樋くん「防犯、防災に役立つものづくりがしたいです」

 淺野くん「電気系の科学者。青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した名古屋大学の天野浩先生を尊敬しています」

 市民の皆さんにメッセージをどうぞ。

 佐伯さん「7月に開催されるロボカップ2017名古屋世界大会と世界青少年発明工夫展2017。両方見ることができるチャンスはもう二度とないかもしれません。ぜひ見てほしいです」

 井樋くん、淺野くん「発明は楽しいよ。一緒に発明クラブでね」

 ナゴヤ地域、圧倒的日本1のものづくり。日本、世界を引っぱっとるがね。発明クラブ員のみんな。リッパになってちょうよ!名古屋大学ノーベル賞に続け!!だがや。

「雨降り見張り番 ワイヤレス」名古屋市長賞:井樋太一さん
「ハンディcool(クール)ボックス」名古屋市教育委員会賞:淺野雄大さん



河村たかし市長自身の声でお届けする音声版はこちら

市長コラム音声版



ページの先頭へ