ページの先頭です
  • トップページ
  • (現在の位置)名古屋市公式ウェブサイト内の二次利用可能なデータの表示について

名古屋市公式ウェブサイト内の二次利用可能なデータの表示について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年3月17日

コンテンツの二次利用について(原則)

名古屋市公式ウェブサイト(http://www.city.nagoya.jp/)に掲載しているデータ等(文章、画像、その他の掲載している電子情報すべて)は、日本の著作権法および国際条約によってその権利の保護を受けています。

そのため、閲覧・利用に関しては利用目的を問わず制限はありませんが、私的利用以外の目的でデータ等を複製・二次利用するには、特に記載のない限り個別に名古屋市の担当課の許諾を得ていただく必要があります。

名古屋市公式ウェブサイトで提供しているデータ等の中には、閲覧するだけでなく、利用者の皆さまに積極的に複製・二次利用して活用していただきたいデータ等も含まれており、そういった二次利用可能なデータ等を明確にすることでよりご利用いただきやすくなると考え、以下のように表示をします。

二次利用可能なデータの表示について

著作物の再利用等を促進するための国際的プロジェクトである、クリエイティブ・コモンズの定める表記に従い、以下の表示をしているデータ等については、あらかじめ市が利用者に許諾をしたとみなし、改めて担当課に連絡することなくご利用いただけます。

表示の方法

名古屋市公式ウェブサイトで二次利用可能なデータであることを示す方法として、「クリエイティブ・コモンズ」が定めた方法にのっとって該当データの掲載されているページ内に表記をいたします。

表記の例

クリエイティブコモンズBYのサンプル画像

(上記画像はサンプルです)
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可することを表すライセンスです。

クリエイティブコモンズBYNCのサンプル画像

(上記画像はサンプルです)
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ非営利目的であることを主な条件に、改変したり再配布したりすることができることを表すライセンスです。

関連リンク

ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。

ページの先頭へ