ページの先頭です

スクールランチだより(平成31年度5月号)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月10日

毎日朝ごはんを食べましょう

朝ごはんの大切な役割

朝ごはんは1日の始めに食べる食事ですが、その役割は単に栄養素をとるためだけではありません。体を目覚めさせる働きによって、胃や腸などの内臓を活発に働かせ、血流をよくし、体温も上昇させ、排便もスムーズに行われるようになります。さらに、脳にもエネルギーが補給されるため、朝食を食べるとしっかり勉強することができます。
成長期である中学生のみなさんは、エネルギーやたんぱく質、カルシウムを十分にとる必要があります。朝ごはんからもしっかりとれるようにしましょう。

朝ごはんは何を食べればいいの?

みなさんはどんな朝ごはんを食べていますか。毎日、朝ごはんを食べている人も内容について考えたことはありますか。一度、自分が普段食べている朝ごはんを振り返ってみましょう。何も食べていない人は、まずはおにぎり1個や食パン1枚など、「主食」を食べるようにしましょう。
「主食だけ」の人は、ゆで卵やウインナー、みそ汁やスープなど、もう1品増やすようにしましょう。果物を取り入れたり、夕食の残りを活用したりするのも良いです。理想の朝ごはんは「主食」「主菜」「副菜」「汁物(飲み物)」の4つがそろったものです。

毎月19日は「食育の日」!

自分の食生活を見直すだけではなく、「食事を残さず食べる日」「食べ物に感謝する日」など、食生活に関することをみなさんで話題にする日にしましょう。

このページの作成担当

教育委員会事務局指導部学校保健課中学校給食係

電話番号

:052-972-3248

ファックス番号

:052-972-4177

電子メールアドレス

a3248@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ