ページの先頭です

市内における麻しん(はしか)の発生状況

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年7月9日

麻しん集団発生の終息について(7月9日現在)

 麻しんについては、平成27年3月27日付けで、日本が麻しんの排除状態にあると認定されていますが、その後も渡航歴のある患者や、その接触者から患者の発生が散見されています。

 平成30年3月20日、沖縄県内で旅行客が麻しんと診断され、この旅行客と接触歴のあった方や同じ施設を利用した方を中心に断続的に沖縄県内で麻しん患者の発生しておりましたが、6月11日に終息宣言が出されております。

 本市においても、沖縄県に旅行していた10代男性から、4月11日に麻しん患者の発生を確認され、その後も患者が発生しておりましたが、6月8日に麻しん患者との最終接触者が発生してから4 週間新たな患者の発生がないことから、7月9日に終息の判断をいたしました。

 麻しんは感染力が非常に強いため、麻しんに対する免疫がない方が感染すると、ほぼ100%発症します。予防には予防接種が有効です。

  • 麻しんが流行している国(東南アジア等)に渡航する前には、必ず麻しんの予防接種歴を確認しましょう。
  • 過去の麻しん罹患歴や予防接種歴が明らかではない場合は、渡航前の予防接種をご検討ください。

麻しん(はしか)集団発生の終息について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

今年度の愛知県内における麻しん(はしか)の発生状況について

麻しんを疑わせる症状が出たら…

 周りの方が麻しんと診断されたり、ご自身に麻しんを疑わせる症状(発熱や発しん)が出現した場合で、過去の罹患歴や予防接種歴が明らかではない方は、感染を拡げないためにも、公共交通機関の使用を控え、外出行動を自粛し、速やかに医療機関を受診することが大切です。
 ※受診前には医療機関に電話をして、麻しんの可能性があることを伝えましょう!

麻しん患者の報告数について

 名古屋市では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、市内全ての医療機関を対象に麻しんの発生動向を調査しています。

 この調査によると、市内の医療機関より報告された麻しん患者の報告数が、平成30年に21件報告をされております。

 過去5年間において最多となったのは、平成26年の20件でした。平成26年は、全国でも、関東や関西を中心に多く報告され、年間で462件の報告数がありました。

 麻しんは例年、春から初夏にかけて流行します。麻しんは感染力が非常に強いため、麻しんに対する免疫がない方が感染すると、ほぼ100%発症します。

名古屋市、愛知県及び全国の状況

過去5年の報告数(診断日で集計)
 年次平成25年平成26年平成27年平成28年

平成29年

 本市の

年間報告数

 1 20 0 1 1

 愛知県(本市含む)の

年間報告数

 25 46 0

 5

 1

 全国の

年間報告数

22946235

165

 189

(速報)

麻しんの症状について

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされ、ヒトからヒトへ感染する病気です。

 約10日から12 日の潜伏期間を経て、発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
 38℃前後の発熱が3日から4日続いた後、一旦下降して再び39℃以上の高熱と発疹が全身に広がります。重症化すると肺炎や脳炎などを起こし、1,000 人に1人の割合で死亡する可能性があります。

麻しんの感染経路、感染可能期間について

 感染経路としては、飛沫感染及び接触感染のほかに、空気感染(飛沫核感染)することが知られており、またインフルエンザに比べて感染力が非常に強いことも知られています。

 周囲への感染力がある感染可能期間は、「発症日の1日前から解熱後3日を経過するまで」とされています。

 麻しんに対する免疫がない方が感染すると、ほぼ100%発症します。特異的な治療法はなく、対症療法が中心となります。

予防接種について

麻しんを予防するには、予防接種が最も効果的な方法です。

以下の方は予防接種法に基づく定期接種対象者です。早めに接種を済ませましょう【無料】

  • 定期の予防接種対象者
     【第1期】生後12 か月以上24 か月未満の方
     【第2期】小学校就学前の1年間にある方(いわゆる年長児)


以下の方についても、ご自身を守るために予防接種をご検討ください【自費】

  • 麻しんの流行地域(フィリピン等)へ海外渡航される方
  • 罹患歴や予防接種歴が明らかではない方

 

なお、予防接種については、以下のページも参考にしてください。

麻しん・風しん(MR)予防接種

さらに詳しい説明を必要とされる方へ

このページの作成担当

健康福祉局健康部感染症対策室感染症係

電話番号

:052-972-2631

ファックス番号

:052-972-4203

電子メールアドレス

a2631@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ