ページの先頭です

農業センター delaふぁーむ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月21日
牛舎の外観
農業センターdelaふぁーむのロゴ

 農業センターは、名古屋市の農業振興をはかるため、昭和40年4月1日に開設され、農業技術の普及・指導を行ってきました。今では名古屋の都市化にともない、農業に親しむ機会の少なくなった市民に、農業に親しみながら、ゆったりと憩うことのできる施設として利用されています。
 ウシやヒツジの放牧場、さまざまな鶏がみられる展示鶏舎、ふ化の見られるふ化展示室などの畜産施設、花の展示施設、野菜の栽培温室、野菜の畑などの園芸施設、芝生広場と約700本のしだれ梅園などを自由にご覧いただけるほか、農業センターで搾った生乳を使ってつくられた牛乳・アイスクリームも楽しめます。

※イベント、園内の様子、家畜や植物などについて、ツイッターフェイスブックでお伝えしています。

トピックス

農業センターの愛称決定

農業センターの愛称が決まりました
 農業センターの愛称が「delaふぁーむ」になりました。

主な催し物

しだれ梅まつり

 平成30年2月23日(金曜日)から3月21日(水曜日・祝日)まで(予定)

 まつり期間中は無休です。

 ※開花状況により、しだれ梅まつりの日程を変更することがあります。

農業センターまつり

 平成29年11月3日(金曜日・祝日)から5日(日曜日)まで

ゴールデンウィークフェア

 平成29年5月3日(水曜日・祝日)から5月7日(日曜日)まで

園内情報

 園芸教室や小動物とのふれあい体験などのご案内

 名古屋コーチンや乳牛などの家畜の情報はこちら

 しだれ梅、キッチンガーデン、宿根草園などの情報はこちら

園内案内図

農業センターの園内案内図

ガイド

所在地

 郵便番号 468-0021 名古屋市天白区天白町平針黒石2872番地の3

交通

地下鉄鶴舞線「平針」下車 徒歩20分または市バス「地下鉄原」行き、「農業センター北」下車、徒歩5分

地下鉄鶴舞線「赤池」下車 徒歩20分または名鉄バス「祐福寺」または「前後」行き「荒池」下車、徒歩6分

駐車場

第1駐車場 普通車190台 第2駐車場 普通車34台 無料
※農業センターまつり、しだれ梅まつり期間中は有料になります。

団体のお客様へ

通常は大型バス・マイクロバス等の駐車は可能です。詳しいことは、電話でお問合せ下さい。但し、しだれ梅まつり、農業センターまつり期間中は大型バス等の駐車場がございません。ご了承下さい。

開園時間

午前9時から午後4時30分まで

休園日

毎週月曜日(ただし、国民の祝日または振替休日の場合は直後の平日)
年末年始(12月29日から1月3日まで)

入園

無料

電話番号

052-801-5221

ファックス番号

052-801-5222

その他

家畜を飼育しているため、動物同伴のご入園はできません。ご了承ください。
車椅子の貸し出しを行っています。詳細は電話でお問い合わせください。

下記地図をクリックすると詳細地図がご利用できます。(別ウインドウが開きます。)

農業センター:名古屋市天白区天白町大字平針字黒石2872-3の地図。別ウインドウで開く

関連リンク

このページの作成担当

農業センターdelaふぁーむ 管理係
電話番号: 052-801-5221
ファックス番号: 052-801-5222
電子メールアドレス: nogyocenter@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ