ページの先頭です

消火器の不適正な訪問販売にご注意を!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年3月12日

ページの概要:消火器の不適正な訪問販売にご注意を!について

消火器の訪問販売トラブルが増えています。
 次のような手口にご注意!

訪問販売業者が虚偽である消火器の設置義務化を伝え、住人がそのような事実は無いため、購入を拒否しているイラスト

他にも

「消防署の方から来ました。」
「町内ですべての家に消火器を置くことになりました。」
「家庭の消火器も定期的な消火薬剤の詰め替え義務があります。」
「この消火器は使用できません。」
などと言葉巧みに消火器を販売する。

あやしいと思ったら!

  1. 安易に申込みや購入をしないで、その場でハッキリ断る。
  2. お近くの消防署に通報する。

うっかり購入してしまった場合には!

住宅での訪問販売では、購入した日から8日以内ならクーリングオフ制度により書面で契約を解除できますので、販売者の会社名入の領収書、契約書などをしっかり受け取っておいてください。(ただし、3000円未満の現金取引は解除できません。)
 クーリングオフ制度について詳しいことは、名古屋市消費生活センターの相談窓口(月曜日から金曜日は電話052-222-9671、土曜日・日曜日は052-222-9690)までご連絡ください。(祝日・年末年始を除く。)
 ご相談などご連絡は、名古屋市消費生活センター、消防署まで

 たしかに法律では、家庭に消火器の設置を義務付けていませんが、もしもの時のために住宅用消火器の設置をお勧めします。

関連リンク

このページの作成担当

消防局予防部予防課予防係

電話番号

:052-972-3542

ファックス番号

:052-972-4196

電子メールアドレス

00yobo@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ