ページの先頭です

名古屋市産後ケアモデル事業について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年4月1日

名古屋市産後ケアモデル事業について

名古屋市では、退院直後の入院を要しない程度の心身の不調・育児不安等により、育児困難感がある母親が安心して育児ができるよう、子育て支援の一助とするとともに、児童虐待防止につなげることを目的とし、宿泊型(宿泊ケア)または日帰り型(通所ケア)による支援を行う「産後ケアモデル事業」を実施しています。

対象となる方

名古屋市内に住所を有し、入院を要しない程度の心身の不調・育児不安等により、育児困難感がある出産後4か月未満の母親及び乳児であり、かつ保健センターにおける面接により次の1から3のいずれにも該当し、利用後も継続的な保健指導が必要と名古屋市が認める方とします。(要件に該当しない場合、利用をお断りする場合もあります)

  1. 病院等への入院を要しない程度の体調不良がある方
  2. 育児に強い不安がある方
  3. 家族等から十分な援助が受けられない方
 ※利用申請にさいしては、保健師による面接が必要となりますので、お住まいの区の保健センターにご相談ください。

ケアの内容

  • 母親の健康管理や生活面の指導
  • 乳房ケアや授乳方法の指導
  • 乳児の沐浴、発達・発育のチェック、体重・排泄のチェック、スキンケアなどの育児方法の指導
  • 育児相談
  • その他必要とする保健指導・相談

利用日数

原則、宿泊ケア、通所ケアの利用日数を合算して7日を限度とします。

実施場所

委託契約をしている市内の病院、診療所及び助産所

利用者負担額

夫婦合算の所得に応じ、次のとおり利用者負担があります。ただし、生活保護を受給されている方は無料です。
利用者負担額は、ご利用の病院、診療所及び助産所の窓口で退所時にお支払いください。

利用者負担額
 階層区分

1日(注1)あたり利用者負担額
(宿泊ケア) 

1日あたり利用者負担額
(通所ケア) 
市民税非課税の方 750円 500円

市民税非課税の場合を除き
母親及び配偶者の合算所得(注2)が
730万円未満の方

 7,500円 5,000円
市民税非課税の場合を除き
母親及び配偶者の合算所得(注2)が
730万円以上の方
 15,000円 10,000円

(注1)宿泊ケアの「1日」とは、0時から24時とします。
   例:1泊2日の利用の場合、日数は「2日」となります。
(注2)所得額の算出方法は、特定・一般不妊治療費助成事業と同様です。
   「所得」の範囲及び所得額の算出方法

申請先

お住まいの区の保健センター

問い合わせ先

  • 制度全般について
    子ども青少年局子育て支援部子育て支援課
    電話番号:(052)972-2629
    ファックス番号:(052)972-4419
  • 利用に関する個別の相談
    お住まいの区の保健センター保健予防課

このページの作成担当

子ども青少年局子育て支援部子育て支援課母子保健係

電話番号

:052-972-2629

ファックス番号

:052-972-4419

電子メールアドレス

a2629@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ