ページの先頭です

救急車の出動を依頼する時、要約筆記者の派遣が依頼できるようになります

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年9月8日

ページの概要:「手話通訳が必要」「要約筆記が必要」という文を入れて緊急通報(ファックス・メール)すると、救急車で運ばれた先の病院に手話通訳者・要約筆記者が派遣されます。

これまでの手話通訳に加え、平成29年10月から要約筆記者の派遣もできるようになります。

「手話通訳が必要」「要約筆記が必要」という文を入れて緊急通報(ファックス・メール)すると、救急車で運ばれた先の病院(原則名古屋市内及び名古屋近郊)に手話通訳者・要約筆記者が派遣されます。


緊急通報用ファックス用紙のダウンロード、メール119については、「本ウェブサイト→暮らしの情報→消防・防災・危機管理→消防→緊急時の連絡」をご覧ください。

※要約筆記が追加されたファックス用紙は10月1日からダウンロードできます。


【補足事項】

※リンク先ウェブサイトに掲載されている用紙を使わなくてもファックス通報できます。

※家族、友人等からの119番通報による派遣依頼も受付します。

※緊急通報の際に「手話通訳者必要」「要約筆記者必要」と依頼がなかったときは、派遣されません。

※派遣を依頼しても、手話通訳者、要約筆記者が見つからなかった場合など、派遣できないこともあります。


このページの作成担当

健康福祉局障害福祉部障害企画課更生係

電話番号

:052-972-2587

ファックス番号

:052-951-3999

電子メールアドレス

a2587@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ