ページの先頭です

国民年金第1号被保険者の独自給付

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月1日

ページの概要:国民年金第1号被保険者の独自給付についてのご案内です。

寡婦年金

 保険料納付済期間と免除期間を合わせて25年以上(平成29年8月から10年以上)ある夫が年金を受けずに死亡したとき、生計をともにし、かつ、10年以上結婚していた妻に、60歳から65歳になるまでの間支給されます。
 ただし、夫が障害基礎年金を受けていた場合には支給されません。

年金額 夫が受けることができた老齢基礎年金額×4分の3

死亡一時金

 保険料を3年以上納めた人が、老齢基礎年金も障害基礎年金も受けないで死亡したとき、生計をともにしていた遺族に支給されます。

 ただし、遺族が遺族基礎年金を受けられる場合には、支給されません。また、死亡後2年以内に請求することが必要です。

死亡一時金
納めた月数(注)
36月以上180月未満120,000円
180月以上240年月満145,000円
240月以上300月未満170,000円
300月以上360月未満220,000円
360月以上420月未満270,000円
420月以上320,000円

 (注)納めた月数とは(保険料納付済月数+保険料4分の3納付月数×4分の3+半額納付月数×2分の1+保険料4分の1納付月数×4分の1)です。
 なお、(定額保険料+付加保険料)を3年以上納めた人が死亡したときは、上の表の額に8,500円が加算されます。

脱退一時金

 保険料を6ヶ月以上納めた外国人(日本国籍を有しない人)で、いずれの年金も受けることができない人が、日本国内に住所を有しなくなった(帰国した)ときに、納めた月数に応じて支給されます。
ただし、帰国後2年以内に請求することが必要です。
支給される金額は、最後に保険料を納付した月の属する年度により異なります。

脱退一時金
納めた月数(注)金額(平成26年度)金額(平成27年度)金額(平成28年度)金額(平成29年度)
6ヶ月以上12ヶ月未満45,750円46,770円48,780円49,470円
12ヶ月以上18ヶ月未満91,500円93,540円97,560円98,940円
18ヶ月以上24ヶ月未満137,250円140,310円146,340円148,410円
24ヶ月以上30ヶ月未満183,000円187,080円195,120円197,880円
30ヶ月以上36ヶ月未満228,750円233,850円243,900円247,350円
36ヶ月以上274,500円280,620円292,680円296,820円

 (注)納めた月数とは(保険料納付済月数+保険料4分の3納付月数×4分の3+半額納付月数×2分の1+保険料4分の1納付月数×4分の1)です。

お問い合わせ先

区役所・支所

寡婦年金や死亡一時金については、お住いの区の区役所保険年金課管理係または支所区民福祉課保険係にお問い合わせください。

区役所・支所の国民年金担当部署の電話番号などの一覧

年金事務所

脱退一時金については年金事務所にお問い合わせください。

名古屋市内の年金事務所の連絡先

ねんきんダイヤル

既に寡婦年金を受けている方は、日本年金機構の「ねんきんダイヤル」へお問い合わせください。

「ねんきんダイヤル」
電話

 0570-05-1165 (電話番号が「050」から始まる電話からは03-6700-1165)

受付時間

 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分
 ただし月曜日(休日明けの初日)は午後7時まで受付時間を延長
 第2土曜日 午前9時30分から午後4時
※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日から1月3日はご利用いただけません。

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課事務係

電話番号

:052-972-2564

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ