ページの先頭です

久屋大通再生社会実験(平成28年度)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年8月9日

ページの概要:久屋大通再生社会実験(平成28年度)について

「久屋大通再生社会実験」とは

 今回の「久屋大通再生社会実験」は、栄地区グランドビジョンの方針1の「公共空間の再生」において、久屋大通で掲げております「公園と道路と沿道施設との一体的なにぎわい空間」を、ソフトとハードの両面から実現する目的で行うものです。

 なお、社会実験の実施にあたりましては、実行委員会形式(名古屋テレビ塔株式会社、株式会社セントラルパーク、名古屋市)とし、行政だけではなく地元の住民やまちづくり団体、沿道企業等と連携して取り組んでまいります。

HISAYA SPORTS  DAY

栄の中心にある久屋大通は、公園と沿道が3車線の車道によって分断され、公園と沿道が一体となった賑わいの形成ができていないことが課題となっております。そこで、今回のイベントで、車道の2車線を、ラン&ウォーク用に開放するなど、久屋大通公園のミライを体感してもらいます。

主催者イベント(主催者:NPO法人久屋大通発展会・久屋大通再生社会実験実行委員会)

ラン&ウォーク(久屋大通公園の空間拡大社会実験)

現在、久屋大通の公園と沿道の間には片側3車線の車道があり、公園と沿道との分断要素となっております。そこで、久屋大通(外堀通から錦通まで)で、公園と沿道との一体的な空間形成の実現に向けた車線減等を伴う社会実験を行うことで、周辺交通への影響などを検証するとともに、公園の利用者や市民の方々から意見をいただき、今後の検討に活かしてまいります。

「HISAYA SPORTS DAY」の様子

「HISAYA SPORTS DAY」の様子

開催日時

平成28年7月13日(水曜日)(午後4時から午後7時)

開催場所

久屋大通(北エリア・テレビ塔エリア)

(外堀通から錦通まで)

社会実験チラシ

GRAMPUS FESTIVAL

久屋大通でスタジアムの臨場感を味わおう

開催日時

平成28年7月13日(水曜日)(午後6時30分から午後9時)

開催場所

久屋大通公園 もちの木広場

GRAMPUS FESTIVALチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

住宅都市局 リニア関連都心開発部 都心まちづくり課 事業調整係

電話番号: 052-972-2746
ファックス番号: 052-972-4171
電子メールアドレス: sakae-project@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ