ページの先頭です

第22回千種区民まつり 開催報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年4月1日

第22回千種区民まつり 開催報告

今回の区民まつりは、晴天にも恵まれ、昨年を上回る約49,500人の来場者で賑わいました。

「ガンバルぞ!KIZUNA・・・」をテーマに開催された今回の区民まつりは、地域・家族・世代間の絆を育むとともに、東日本大震災の被災地との絆も深めるため、義援金募集や東北地方物産展などを実施することで被災地支援にも取り組みました。

また、家族が一日楽しめるよう、ミニSLやふれあい動物園などの催しを実施したほか、新たに完成した「ちくさおまつり音頭」を披露し、ご当地音頭として広く区民に親しまれるようPRを行いました。

会場で寛ぐ来場者

開催日時・場所

日時:平成23年10月2日(日曜日)午前9時30分から午後3時30分

場所:平和公園メタセコイア広場

ステージイベント

吹奏楽、ジャズ演奏、ヒップホップダンス、キッズビクスなど、小学生から大学生までの若い世代が熱演しました。

また、昨年に引き続き、司会を区内高校放送部のリレーにより行い、若々しく、新鮮味あふれるステージとなりました。

(司会:菊里高校、愛知高校、愛知淑徳高校 各放送部)

  • 開会式
  • 和太鼓(太鼓衆香流)
  • ジャズバンド(フリー・ヒルズ・ジャズ・オーケストラ)
  • 海賊戦隊ゴーカイジャーショー(2回)
  • キッズビクス(富士見台小学校トワイライトスクール)
  • 吹奏楽(田代小学校管楽器部)
  • ヒップホップ&ジャズダンス(椙山女学園大学S&D)
  • 名古屋市消防音楽隊
  • 閉会式

和太鼓(太鼓衆香流)

太鼓衆香流

太鼓衆香流は区民まつりのオープニングにふさわしく、威勢のいい演奏を聞かせてくれました。

ジャズバンド(フリー・ヒルズ・ジャズ・オーケストラ)

フリー・ヒルズ・ジャズ・オーケストラ

学校の枠を超え、千種区の自由ヶ丘会館を練習拠点として、各地で演奏活動展開している、フリー・ヒルズ・ジャズオーケストラ。

今回は、小中学生中心の編成で演奏してくれました。

キッズビクス(富士見台小学校トワイライトスクール)

富士見台小学校トワイライトスクールのキッズビクス

富士見台小学校トワイライトスクールは息のあった元気な踊りを披露してくれました。

名古屋市消防音楽隊

名古屋市消防音楽隊の写真

ステージの締めくくりは、今年も素晴らしい演奏・演技を見せてくれた名古屋市消防音楽隊・リリーエンゼルス。

ステージ バックパネル

「絆」メッセージ募集
ステージのバックパネルに描かれた「ガンバルぞ!絆」の文字

ステージのバックパネルには、今回の区民まつりテーマ「ガンバルぞ!KIZUNA(絆)」を描きました。

これは、会場各所において、来場者に書いてもらった「絆」に関するメッセージカードを色分けし、貼り付けて文字を描いたもので、来場者の思いのこもったメッセージを形として表現しました。

区民総踊り

区民総踊りの様子

(演目)
 1 ちくさおまつり音頭
 2 炭坑節
 3 郡上節
 4 大名古屋音頭
 5 まりと殿様
 6 河内おとこ節
 7 名古屋ばやし
 8 ちくさおまつり音頭 

今回の区民まつりでは、新たに完成しました「ちくさおまつり音頭」を区民総踊りの場でお披露目しました。

千種区の特色、名所、歴史などを盛り込んだ、親しみやすい歌詞と覚えやすい振付のご当地音頭として、今後、区内各所のお祭りなどで広く、末永く親しんでいただけるものとなりました。

ちくさおまつり音頭を踊る、こあらっちとはち丸

ステージで「ちくさおまつり音頭」を踊る千種区マスコットキャラクター「こあらっち」と名古屋市マスコットキャラクター「はち丸」。

パフォーマンスエリア

パフォーマンスエリアでは大道芸「スピニングマスターズ」や千種区マスコットキャラクター「こあらっち」、名古屋市マスコットキャラクター「はち丸」によるジャンケン大会などで、子どもたちとふれあいました。

大道芸「スピニングマスターズ」

大道芸「スピニングマスターズ」の写真

大道芸「スピニングマスターズ」の演技は多くの来場者たちを魅了しました。

こあらっちとはち丸と遊ぼう!

こあらっちの写真

千種区マスコットキャラクター「こあらっち」は子どもたちに大人気。

ジャンケン大会や記念撮影などで子どもたちとふれあいました。

はち丸の写真

子どもと仲良く遊ぶ「はち丸」

特別住民票を掲げるこあらっち

「こあらっち」の特別住民登録セレモニーも行われ、晴れて千種区民となった「こあらっち」は今後、ますます千種区のPRに励みます。

展示・体験・遊びの広場

今回の区民まつりでは、家族が一日中楽しめるよう、ミニSLを始め、ふれあい動物園、スポーツコーナー、お絵かきバス、似顔絵コーナー、起震車体験、消防車やパトカーの展示など様々な催しを実施しました。

ミニSL

ミニSLの写真

本物そっくりのミニSLを運行し、約800人の方が乗車されました。

ふれあい動物園

ふれあい動物園の写真

ロバ、ヤギ、ヒツジなど15種類の動物が子どもたちとふれあいました。

スポーツコーナー

キックターゲット

スポーツコーナーでは、ストラックアウト、キックターゲットの2種目に400人の方が参加しました。

ふれあいコーナー

区内各官公所(署)・企業・各種団体による出展・販売、みたらし・焼きそばなどの模擬店、福祉団体等による展示、相談コーナーなど67ブースが出店しました。

ふれあいコーナーの賑わい

防災・減災・被災地支援コーナー

「ガンバルぞ!KIZUNA・・・」をテーマとして開催された今回の区民まつりでは、東日本大震災被災地への支援として、義援金の募集、東北地方物産展、東北地方の名産品を賞品としたお楽しみ抽選会などを実施しました。

また、防災・減災に対する意識向上を図るため、被災地のパネル展、耐震相談PRなども実施しました。

義援金の募集

区民まつり会場内5箇所で義援金の募集を行い、総額144,648円もの募金が集まりました。

ご協力ありがとうございました。

東北地方物産展

東北地方物産展の様子1
東北地方物産展の様子2

岩手県、宮城県、福島県の物産展を開催し、閉会時にはほとんどの商品が売り切れとなるほどの賑わいでした。

お楽しみ抽選会

お楽しみ抽選会の写真

区民まつり及び防災に関するアンケートにお答えいただいた方を対象に、お楽しみ抽選会を実施しました。

賞品は東北地方の名産品を中心に、空クジなしの3,000本を用意しました。

フリーマーケット

フリーマーケットの様子

会場北側の遊歩道で、フリーマーケットを開催しました。

今回は、昨年を大幅に上回る46もの出店があり、大いに賑わいました。

総括

今回の区民まつりは「ガンバルぞ!KIZUNA・・・」をテーマに掲げ、地域住民や家族の絆を育むと共に、東日本大震災被災地への支援に取り組むことで、被災地との絆を深めること、また、防災・減災に対する意識を再確認していただけるよう、様々な催しを取り入れたものとなりました。

もちろん、いろいろな体験を通して、家族が1日楽しめる催しもたくさん実施し、それぞれ大盛況のうちに区民まつりを終えることができました。

昨年を上回る多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

このページの作成担当

千種区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-753-1823
ファックス番号: 052-753-1924
電子メールアドレス: a7531821@chikusa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ