ページの先頭です

おうちで「いけ花」にちょうせん!(番外編)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年7月1日

おうちで「いけ花」にちょうせん!

区役所職員が第1回の内容を参考に、おうちで子ども(小学1年生)といけ花にちょうせんしてみました。

材料の準備

給水スポンジは近所の100円ショップ、花束はよく行くスーパーで購入しました。花束は色々な種類の花を組み合わせたものが売っており、1束350円のものを購入。今回はさらに300円の花束も買いましたが、量的には1束で十分でした。

今回使ったもの

準備材料の写真


 花器とはさみはおうちにあるものを使用。
 (本来は花用はさみの方が、植物の細胞をつぶさないので良い)

さっそく始めてみた

給水スポンジをカットしている写真


 給水スポンジをはじめて触る子どもは興味津々。まずは、軽いことと大きさにびっくり。カッターが探しても見つからず、パン切り包丁を使ってカット。はさみの刃を広げてカッターのようにして面取りをしました。

ステップ1

枠組みの花を生けている写真


 葉物が手に入らなかったので、枠組みは紫色の花を使うことにしました。子どもが喜んでどんどん挿していきます。

給水スポンジがひっくり返る写真


 途中までやってみて、給水スポンジが軽すぎて、すぐにひっくり返ることに苦戦。

 器に水を入れると、給水スポンジがみるみる吸って重くなり安定しました。初めから給水スポンジに水を吸わせておくべきでした。

ステップ2

  • メインの花を中央に生けている写真
  • 給水スポンジが穴だらけの写真

メインの花を中央に配置。花の位置の変更を繰り返すと、給水スポンジが穴だらけになってしまいます。また、間隔をあけずに生けると、穴が大きくなるため、茎が給水スポンジに密着せず水が行き届かなくなるそうです。慎重に配置を考えたいところですが、お構いなしに子どもは感覚で生けていきます。

ステップ3

完成した写真

 
 全体のバランスを修正してなんとかそれなりの形にまとめました。枠組みが若干高くて給水スポンジが見えてしまったのが、残念。

折り紙で飾った写真

 
 子どもに折り紙をもらって、玄関に飾りました。おうちに花があると気持ちが明るくなります。

花を生けた感想

子どもは「お花を挿すのが楽しかった」「給水スポンジ(を切ったりすること)が面白かった」と満足そうでした。子どもが実際に植物に触れる機会は貴重で、一緒にお花の組み合わせを考え、作業することは親子の触れ合いにもなりました。このような経験を通して、将来的にさまざまな文化活動に興味を持ってくれればと思います。今回は一緒に一つの作品をつくりましたが、家族それぞれが一つずつ作ると、個性が出て面白いかもしれません。

このページの作成担当

熱田区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-683-9425
ファックス番号: 052-683-9494
電子メールアドレス: a6839420@atsuta.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ